メインメニューを開く

高麗日報(こうらいにっぽう、朝鮮語:고려일보、ロシア語:Корё ильбо)は、カザフスタン共和国のアルマトイ市で発刊されている、在ソ連高麗人たちの朝鮮語新聞である。[1]1938年5月、クズロルダソ連共産党の機関紙である「レーニンの旗幟」(레닌기치,Ленин кичи、레닌旗幟)という名前で創刊し、1978年8月に、アルマトイに本拠地を移転した。旧ソ連が崩壊するとともに、1991年5月からは題号を「高麗日報」と改称し、現在まで発行されている。

ソ連で発行されていたハングルの新聞としては「レーニンの旗幟」以外に、ユジノサハリンスクの地方新聞である「レーニンの道へ」[2]레닌의 길로)があった。しかし、「レーニンの旗幟」が全ソ連で購読可能な唯一の朝鮮語新聞であった。一時は、週6回発行する日刊の新聞として、高麗人の集団移住地であったタシュケントクズロルダドゥシャンベビシュケクなどの都市に支社を置いた。4万部が発行されていた時期もあり、1982年からは活字に代え、写真植字機による方法で、全紙面をハングルだけで制作するようになった。

ソ連の多民族ファミリーの親善、国際主義的統一と集団主義、ソ連の高麗人たちの生活を映し出す資料が紙面の重要な場を占めてきた「レーニンの旗幟」は、旧ソ連の崩壊後の「高麗日報」に題号が変更された。そして、1990年代に至り、韓国CIS諸国との交流が許容される一方で、多くの企業体と宗教団体がCIS諸国に参入しはじめ、これによる職員たちの離職と財政難などが重なり、「高麗日報」は週5回発行が週3回に減り、さらには一部をロシア語版として発行したりもした。1992年後半からはハングル版1部、ロシア語版1部を合わせて週1回発行されるようになっている。

文芸面は、在ソ連高麗人たちの文芸作品の唯一の発表の場となっていた。随筆短編小説文芸評論など多様な文芸作品がここで発表された。在ソ連高麗人評論家のハン・ジンが「レーニンの旗幟」は在ソ連高麗人の生活を忠実に反映したために、多くの在ソ連高麗人に共感を与えた。また、それのみならず多くの在ソ連のハングル詩人を生み出したために、在ソ連高麗人コミュニティでハングルと高麗語を100年以上存続させるための大きな功績をたてたという。

注釈編集

  1. ^ [1] 一説に、1923年にソ連沿海地方ウラジオストックで創刊された「先鋒」が「レーニンの旗幟」の前身だともいわれる。
  2. ^ 「レーニンの道へ」は現在、新高麗新聞(새고려신문)と改題されている。

参考文献編集

  • 現代語学塾レーニン・キチを読む会(編訳)『在ソ朝鮮人のペレストロイカ』 凱風社、1991年 ISBN 9784773615074
  • シン・ヨンジャ『ソ連の高麗人たち』 東亜日報社1988年 (朝鮮語)