メインメニューを開く

魔法の黄色い靴」(まほうのきいろいくつ)は、チューリップの楽曲。財津和夫が作詞・作曲を手掛けた。チューリップのメジャーデビューシングルとして1972年6月5日東芝音楽工業から発売された。

魔法の黄色い靴
チューリップシングル
初出アルバム『魔法の黄色い靴
B面 ハーモニー
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 東芝音楽工業
作詞・作曲 財津和夫
チャート最高順位
チューリップ シングル 年表
私の小さな人生
1971年
魔法の黄色い靴
(1972年)
一人の部屋
(1972年)
テンプレートを表示

概要編集

1972年財津和夫はメンバーと共に上京、チューリップはメジャーデビューを果たす。レコーディングに異例とも言える16時間を費やした本作は、業界関係者には高い評価を得たものの、地元・福岡以外では売れず[1]、全国的なヒットには結びつかなかった。そのため、発売当時の売り上げは2,000枚に過ぎないが、記念すべきデビュー曲であり、ライブでは長年にわたりエンディングを飾る曲として定着している。

発売から20年以上が経過した1993年ダイドー「ブレンドコーヒー」のCMソングに起用された。

2002年には、チューリップの半生を描いたミュージカルのタイトルにも採用された。主なキャストは、山本耕史河相我聞遠山景織子など。なお、財津和夫はこのミュージカルの舞台監修を務めている。

収録曲編集

  1. 魔法の黄色い靴
    作詞・作曲:財津和夫 編曲:木田高介・チューリップ
  2. ハーモニー
    作詞・作曲:財津和夫 編曲:青木望・チューリップ

1993年版編集

魔法の黄色い靴
チューリップシングル
B面 虹とスニーカーの頃
青春の影
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル 東芝EMI
チャート最高順位
チューリップ シングル 年表
Morning Squall
1987年
魔法の黄色い靴
(1993年)
サボテンの花
1993年
テンプレートを表示

このシングルから1週間後に発売されたベストアルバム『恋・恋愛・愛』の先行シングルとして発売。ダイドー「ブレンドコーヒー」CMソング

収録曲編集

  1. 魔法の黄色い靴
    作詞・作曲:財津和夫 編曲:チューリップ
  2. 虹とスニーカーの頃
    作詞・作曲:財津和夫 編曲:チューリップ
  3. 青春の影
    作詞・作曲:財津和夫 編曲:チューリップ

出典編集

  1. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、210頁。ISBN 978-4-636-82548-0