メインメニューを開く

魚豢(ぎょ かん、生没年不明)は、中国三国時代の官僚・歴史家。雍州京兆郡(現在の陝西省西安市)の人[1]

生涯編集

魏に仕え、郎中となり[2]、私撰として『魏略』三十八巻、『典略』五十巻[3]を著した。これらの書はの後期に戦乱によってほとんどが散逸してしまったが、清代に王仁俊が逸文を集めて輯本を編した。これはなはだ疎漏であったため、さらに中華民国の張鵬一が1922年に再編し、原著の二十分の一ほどが現存している。『魏略』は倭国について述べた歴史書で最も古いものであったと言う。

評価編集

劉知幾は、「巨細ことごとく載せ、蕪累甚だ多し」と、内容繁雑であるとして批判している。

南宋高似孫は『魏略』を特に筆力があり、また同時代の記述は優れていると評している[4]

錢大昕は諸伝の目標とするところが、他の史書とちがっていると賞賛している。

脚注編集

  1. ^ 史通』十二巻
  2. ^ 隋書』経籍志二
  3. ^ 『旧唐書』経籍志
  4. ^ 高似孫『史略』巻2「特為有筆力…亦一時記載之雋也」