メインメニューを開く

鳥居 忠次(とりい ただつぐ、生没年不詳)とは江戸時代浮世絵師

来歴編集

鳥居清忠の門人か。[1] 忠次と号す。江戸時代後期の鳥居派の絵師で、絵馬を残している。絵馬「蜀の三傑」(福島県田村神社所蔵)が知られている。

脚注編集

  1. ^ 『原色浮世絵大百科事典』第2巻、66頁。

参考文献編集