メインメニューを開く

『鳩』(はと)は日本の童謡のひとつ。文部省唱歌。作詞、作曲ともに不詳。別名『ハトポッポ』

目次

概要編集

1911年(明治44年)5月8日に文部省が発行した国定教科書『尋常小学唱歌 第一学年用』が初出。1941年の国民学校用の教科書『ウタノホン』では曲名が『ハトポッポ』に変更された。

鳩ぽっぽ』というタイトルの曲は別に東くめ作詞、瀧廉太郎作曲のものもあり、それが原曲ではないかと言う説もある[1]

原典(『尋常小学唱歌 第一学年用』)による歌詞編集

  1. ぽっぽっぽ、
    鳩ぽっぽ、
    豆がほしいか、
    そらやるぞ。
    みんなで仲善く
    食べに來い。
  2. ぽっぽっぽ、
    鳩ぽっぽ、
    豆はうまいか、
    食べたなら、
    一度にそろって
    飛んで行け。

1941年に『ウタノホン』において改変された歌詞編集

  1. ぽっぽっぽ、
    はとぽっぽ、
    豆がほしいか、
    そらやるぞ。
    みんなでいっしょに
    食べに 来い。
  2. ぽっぽっぽ、
    はとぽっぽ、
    豆はうまいか、
    食べたなら、
    みんなでなかよく
    遊ぼうよ。

関連項目編集

脚注編集