メインメニューを開く

鷲峰寺

香川県高松市国分寺町に所在する天台宗の寺院で、同じく天台宗の四国八十八箇所第八十二番札所根香寺の奥の院

鷲峰寺(じゅうぶじ)は香川県高松市国分寺町に所在する寺院。宗派は天台宗。山号は圓通山。本尊は千手千眼観世音菩薩四国八十八箇所第八十二番札所根香寺奥の院、新四国曼荼羅霊場第十三番札所。

鷲峰寺
Jubuji 03.JPG
本堂
所在地 香川県高松市国分寺町柏原字奥632番地3
位置 北緯34度17分7.3秒東経133度56分40.8秒座標: 北緯34度17分7.3秒 東経133度56分40.8秒
山号 圓通山
宗派 天台宗
本尊 千手観音
創建年 (伝)天平勝宝6年(754年)
開基 (伝)鑑真
中興年 寛文元年(1661年
中興 松平頼重・観慶
正式名 圓通山 鷲峰寺
札所等 四国八十八箇所82番奥の院
新四国曼荼羅霊場13番
文化財 四天王立像(国の重要文化財)
モミの木(県保存木)
法人番号 5470005001883
テンプレートを表示

御詠歌:鷲の山 谷の流れも 松風も 御法の声と 聞くぞうれしき

目次

概要編集

寺伝によれば、奈良時代天平勝宝6年(754年僧・鑑真により建立されたという。鑑真は寺院がある山がインド霊鷲山に似ていることから釈迦如来像を安置し鷲峰寺と名付けたと言われる。

平安時代前期の貞観2年(860年円珍により智証大師十七檀林の一つとして清和天皇の勅願寺となった。

戦国時代天正年間(1573年 - 1593年長宗我部元親軍の侵攻により伽藍は火災に遭い焼亡した。その後、寺院は荒廃し仏堂が置かれるのみとなっていた。 江戸時代前期の寛文元年(1661年高松藩松平頼重が寺院の復興を命じ、三井寺の観慶阿闍梨を中興1世の住持として迎えた。延宝4年(1676年)に伽藍が再建された。

境内編集

  • 山門:門の中にはどなたもいません。
  • 本堂
  • 大師堂:弘法大師像を中心に両脇に伝教大師像と智証大師像
  • 護摩堂:不動明王立像
  • 四天王収蔵庫
  • 地蔵堂:石像
  • 本坊・納経所
  • 新四国道:本堂の背後の山に全長約2kmの周回道に石仏が配置されている。

文化財編集

 
保存木のモミの木
重要文化財
  • 木造四天王立像
ヒノキ材の寄木造、布張り、彩色、漆箔、玉眼。像高は、持国天102.1cm、増長天100.6cm、広目天103.0cm、多聞天101.1cm、鎌倉時代の作と推定される。各像が足元に踏みつけている邪鬼は江戸時代の補作。4体のポーズ、服制などの図像的特色が奈良・興福寺北円堂の四天王像と一致することが指摘されている。大正8年(1919年)8月8日指定
香川の保存木
2本のモミが指定されている。

寺宝編集

  • 木造十一面観音菩薩(別称・泥吹き観音)
  • 木造蓮如上人坐像(伝・自作)

前後の札所編集

四国八十八箇所
82 根香寺 --(16.7km)-- 82番奥の院 鷲峰寺 --(9.2km)-- 83 一宮寺
新四国曼荼羅霊場

12 菩提院 ---- 13 鷲峰寺 ---- 14 観音寺

参考文献編集

  • 香川県の歴史散歩編集委員会/編 『新版 香川県の歴史散歩』 山川出版社/刊 1996年 35 - 36ページ
  • 宮崎建樹/著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会/刊 2010年(第9版)
  • 同 解説編 2007年(第7版)
  • 現地説明板

外部リンク編集