鹿児島国際大学教授懲戒解雇事件

鹿児島国際大学教授懲戒解雇事件(かごしまこくさいだいがくきょうじゅちょうかいかいこじけん)は、鹿児島国際大学学校法人津曲学園)の3人の教授(八尾信光田尻利馬頭忠治)が懲戒解雇され、懲戒解雇された3人の教授が不当処分撤回を求めていた事件。原告の勝訴が確定した。

事件経過編集

  • 1999年7月 - 鹿児島国際大学経済学部「人事管理論および労使関係論」担当教員(教授または助教授)公募。
  • 2000年
    • 2月22日 - 経済学部教授会は候補者の採用を賛成多数で決定。
    • 3月13日 - 学長は、関係者の事情聴取を行うこともなく教授会の結論を否定し、当該候補者に不採用通知を送付。
    • 3月24日 - 臨時教授会。学部長が「採用人事をめぐる学長所見」を報告し、理事長のもとに「大学問題調査委員会」を設けたいとする学長の意向が紹介された。
    • 8月4日 - 調査委員会による事情聴取(1回目)。
    • 11月25日 - 調査委員会による事情聴取(2回目)。
  • 2001年
    • 10月~11月 - 「懲戒理由書」が4名の教員の自宅あてに送付。
    • 11月 - 弁明聴聞。
  • 2002年3月29日 - 学校法人津曲学園理事会、処分決定(3名は「懲戒退職」、1名は「減給6ヶ月」)。

裁判経過編集

  • 2005年
  • 2006年
    • 4月21日 - 第2回口頭弁論で結審。その後非公開にて和解協議継続。
    • 10月27日 - 福岡高等裁判所による3教授側完全勝訴判決。
    • 11月10日 - 学園側が上告。
  • 2008年3月21日 - 最高裁判所による学園側の上告棄却決定。

外部リンク編集