メインメニューを開く

鹿毛 利枝子(かげ りえこ)は日本政治学者東京大学大学院総合文化研究科准教授。専門は政治過程論。非営利セクター・市民社会をめぐる研究を中心に行っている。京都大学時代は大嶽秀夫に師事した。2014年7月から世界政治学会理事。

鹿毛 利枝子
(かげ りえこ)
生誕 日本の旗 日本 東京都
研究分野 政治過程論
研究機関 東京大学
出身校 京都大学学士修士
ハーバード大学Ph.D
指導教員 大嶽秀夫
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

目次

経歴編集

東京都生まれ。

学歴編集

職歴編集

著書編集

  • Civic Engagement in Postwar Japan: The Revival of a Defeated Society (Cambridge: Cambridge University Press, 2010).

論文編集

  • 「制度認識と新党システム再編」大嶽秀夫編『政界再編の研究――新選挙制度による総選挙』(有斐閣、1997年)
  • 「『族議員』不在の政策決定過程――1980年代日本の国際金融自由化(1-2)」『法学論叢』143巻1号/144巻2号(1998年)
  • 「『ソーシャル・キャピタル』をめぐる研究動向――アメリカ社会科学における三つの『ソーシャル・キャピタル』(1-2)」『法学論叢』151巻3号/152巻1号(2002年)
  • 「市民社会の集団・組織分析」『レヴァイアサン』40号(2007年)
  • 「日本における団体参加の歴史的推移――第二次世界大戦のインパクト」『レヴァイアサン』41号(2007年)
  • "Japanese Liberal Democratic Party Support and the Gender Gap: A New Approach" (co-authored with Daniel P. Aldrich) British Journal of Political Science, published online on February 11th, 2011.

関連項目編集