メインメニューを開く

麒麟抄』(きりんしょう)は、南北朝時代頃に著された書論書。

概要編集

全八巻から構成されており、書法や書論の秘伝が集約されている。著者は不明で平安時代の書道家である藤原行成空海が著したという説が有力視されていたため日本における現存最古の書論書とも言われていたが、近年の研究では否定されている[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本史文献解題辞典』加藤友康・由井正臣、吉川弘文館、2000年。

関連項目編集

参考文献編集

  • 続群書類従 第三十一輯下 雑部』続群書類従完成会、1958年。ISBN 4-7971-0101-6