』(むぎ)は、麦の会が発行する月刊俳句雑誌1946年昭和21年)9月に中島斌雄が創刊した。創刊の辞は「麦は大地であり季節であり又生活である」[1]。主宰・中島斌雄の死後、1989年3月から田沼文雄が会長に就任し、2004年10月からは橋爪鶴麿、2013年8月から綾野南志、2017年7月から対馬康子が順に会長の任にあたった[2]

主な参加者編集

括弧内は各自の主宰誌。退会者なども含む。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『麦』2021年9月号
  2. ^ 『麦』2021年9月号

外部リンク編集