メインメニューを開く
黄幡神

黄幡神(おうばんしん)は、九曜の1つである羅睺(らごう)を奉ったもので、集落の境やの中心、村内と村外の境界やの辻、三叉路などにおもに石碑の形態で祀られている。

現在は道祖神の様に村の守り神として信仰されているが、元々はインド神話に登場するラーフと呼ばれる蛇神であり災害をもたらす神として恐れられた。日本に伝来してからは、日食を引き起こした神であるスサノオと習合した。

また、吉凶の方位を司る八将神(はっしょうじん)の一柱で、別名万物の墓の方といい、また兵乱の神ともいう。この方角に向かって土を動かすのは凶だが、武芸に関することは吉とされている。

習合の結果、神として分類されたが仏教、特に密教と深く結びついている神である。仏教での本地摩利支天王とされる。

種類編集

見た目は道祖神と酷似しているが、以下の条件で識別可能。

  1. 文字黄幡神
    碑石に羅睺(黄幡)に関する漢字梵語が刻まれた黄幡神
  2. 蛇頭黄幡神
    不動明王の様に憤怒を表しており、頭には原型であるラーフを表す九頭の蛇が刻まれた黄幡神。
  3. 日月黄幡神
    羅睺(黄幡神)の左右もしくは上下に太陽を表す文字や絵が刻まれた黄幡神
    習合したスサノオの性質を継承したものといわれる。
  4. 日食(月食)黄幡神
    羅睺(黄幡神)に日食もしくは月食を表す黒円(円の一部が黒い場合もあり)が刻まれた黄幡神。
    日食月食を引き起こす羅睺星の性質を表したものとされる
  5. 蛇形黄幡神
    羅睺(黄幡神)の姿が完全にと化している黄幡神。
    原型であるラーフを表したものとも、半身であるケートゥを表したものであるともいわれる。
  6. 複合型黄幡神
    上記の要素が組み合わさった黄幡神。

関連事項編集