黎庶昌

清王朝の外交官

黎 庶昌(れい しょしょう、Li Shuchang1837年1897年)、字は蒓斎は、末の外交官。

経歴編集

貴州省遵義出身。鄭珍について学んだ。1870年より呉江県青浦県の知県を務めた後、曽国藩の幕僚となり、桐城派の文章を学んだ。張裕釗呉汝綸薛福成とともに「曽門四弟子」と称された。

1876年郭嵩燾がイギリスに公使として赴くと、参事官として同行した。ベルギースウェーデンポルトガルオーストリアを歴訪し、その記録を『西洋雑志』としてまとめた。1881年何如璋の後任の公使として日本に派遣された。1884年に帰国したものの、1887年に再び駐日公使に就任した。公使在任中に中国国内ですでに散逸した古典籍の収集に尽力し、『古逸叢書』としてまとめた。離任時には日本人が列をなして送ったという。帰国後は川東道などの職についた。

栄典編集

著書編集

  • 『拙尊園叢稿』6巻
  • 『丁亥入都記程』2巻
  • 『西洋雑志』8巻
  • 『古逸叢書』200巻

脚注編集

  1. ^ 『官報』第2210号「叙任及辞令」1890年11月10日。

出典編集

先代:
何如璋
駐日清国公使
1881年 - 1884年
次代:
徐承祖
先代:
徐承祖
駐日清国公使
1887年 - 1890年
次代:
李経方