黒ニャゴ(くろニャゴ)は日本童謡。作詞:時雨音羽、作曲:佐々紅華

黒ニャゴ
独唱:平井英子
斉唱:松山浪子富士野登久子
シングル
A面 おいちにの兵隊さん
B面 黒ニャゴ
リリース
ジャンル 童謡(児童ジャズ
時間
レーベル ビクター
作詞・作曲 作詞:時雨音羽、作曲:佐々紅華
テンプレートを表示

レコード編集

1929年、ビクターから児童ジャズとして発売。レコード品番は50821[1]。なおA面曲は「おいちにの兵隊さん[2]だった。

アニメ映画編集

本楽曲のレコード(ビクター版)を使ったレコード・トーキー方式による無声映画時代のアニメ映画

概要編集

日本のアニメ映画の先駆者の一人である幸内純一の弟子、大藤信郎は、様々なアニメ映画を製作していた。その中で、1928年、アメリカでトーキーのアニメ映画「蒸気船ウィリー」(ウォルト・ディズニー作によるミッキーマウスのアニメ映画第一号)が公開されたのに刺激を受け、トーキー映画の開発を着手する。そして試作されたのがこの作品である。レコード式トーキー(しかしフィルム自体はサイレント)という手法を用いたものである。試作ということもあり、上映時間は約2分である。

1929年に完成するが、公開されたのは1931年1月である。

本作以後に製作された平井英子の歌唱による楽曲を使ったレコード・トーキー方式のアニメ映画に、『村祭』(文部省唱歌)(1930年製作)や『茶目子の一日』(1931年公開)、『証城寺の狸囃子』(1930年代初頭)などがある。

ストーリー編集

平井英子の独唱によるビクターの児童ジャズ「黒ニャゴ」に合わせて、黒猫、虎猫、4人の子供が踊る。

現況編集

フィルム、レコードとも現存しているので、各地の上映会やDVDで視聴できる。

DVDでは「日本アートアニメーション映画選集(紀伊國屋書店)」の第1巻「大藤信郎傑作選」、「日本アニメクラシックコレクション(Digital Meme)」の第1集に音声付きで収録されている。

2007年5月19日には昭和のくらし博物館SPレコードを使った上映が行われた。

参考編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 黒ニャゴ国立国会図書館・歴史的音源)
  2. ^ おいちにの兵隊さん(国立国会図書館・歴史的音源)

外部リンク編集