黒バウヒニア旗(くろバウヒニアき、中国語: 黑洋紫荊旗英語: Black Bauhinia flag)は、2019年-2020年香港民主化デモにおいてデモ隊のシンボルとされている旗である。

黒バウヒニア旗
縦横比 2:3
制定日 2019年
使用色
  • (バージョンによっては)
テンプレートを表示

概要 編集

一連の民主化デモにおける非体制派側のシンボルとして、香港の旗をアレンジする形で香港のネット民によって考案された[1]

種類 編集

この旗にはいくつかのバージョンが存在する。

歴史 編集

この旗が初めて用いられたのは2019年7月1日香港逃亡犯条例改正案反対デモにおいて立法会総合ビル前およびゴールデン・バウヒニア広場中国語版英語版半旗として掲げられた時である[2]

関連項目 編集

出典 編集

  1. ^ Holland, Oscar (2019年7月6日). “Designed as a symbol of unity, Hong Kong's flag becomes the focus of protest” (英語). CNN. オリジナルの2020年4月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200423074738/https://www.cnn.com/style/article/hong-kong-flag-design-protest/index.html 2020年5月10日閲覧。 
  2. ^ 2019.07.01 衝擊立法會”. 香港民主運動 2019 反送中時序歷程 (2020年5月19日). 2020年8月16日閲覧。