黒主山(くろぬしやま)は、祇園祭後祭の山。中京区室町三条下がるに位置する。

黒主山

概要編集

この山は謡曲『志賀』を取材し、大伴黒主が志賀の桜を眺める様子を表したもので、黒主の人形を御神体として祀る[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 黒主山”. 祇園祭山鉾連合会. 2020年7月22日閲覧。

外部リンク編集