龍城区域(リョンソンくいき)は、朝鮮民主主義人民共和国平壌直轄市にある行政区域の一つ。

龍城区域
位置
各種表記
チョソングル: 룡성구역
漢字: 龍城區域
片仮名転写: リョンソン=グヨク
ローマ字転写 (MR): Ryongsŏng-guyŏk
統計
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
テンプレートを表示
地図

地理編集

市域の北部にある。西側は順安区域兄弟山区域と、南は西城区域大城区域と、東は三石区域恩情区域と、北側は平安南道平城市と接する。

行政区域編集

15洞を管轄する。

  • 大泉洞(テチョンドン)
  • 龍宮一洞(リョングンイルトン)
  • 龍宮二洞(リョングンイドン)
  • 龍文洞(リョンムンドン)
  • 龍城一洞(リョンソンイルトン)
  • 龍城二洞(リョンソンイドン)
  • 龍楸一洞(リョンチュイルトン)
  • 龍楸二洞(リョンチュイドン)
  • 林原洞(リモンドン)
  • 馬山洞(マサンドン)
  • 明梧洞(ミョンオドン)
  • 於隠洞(オウンドン)
  • 中二洞(チュンイドン)
  • 清渓洞(チョンゲドン)
  • 和盛洞(ファソンドン)

歴史編集

この節の出典[1]

  • 1959年9月 - 平壌直轄市大城区域清渓里・和盛里、平安南道順安郡龍城労働者区・西里・馬山里・中二里・下里・下次里・新美里をもって、平壌直轄市龍城区域を設置。(1洞8里)
    • 龍城労働者区が龍城洞に昇格。
  • 1960年10月 (5洞3里)
    • 馬山里が馬山洞に昇格。
    • 中二里が中二洞に昇格。
    • 下次里が下次洞に昇格。
    • 西里が於隠洞に昇格。
    • 新美里が新設の兄弟山区域に編入。
  • 1963年 (9洞1里)
    • 龍城洞の一部が分立し、龍宮洞・龍楸洞が発足。
    • 清渓里が清渓洞に昇格。
    • 和盛里が和盛洞に昇格。
  • 1965年 (9洞)
    • 於隠洞・下里・下次洞の各一部が合併し、林原洞が発足。
    • 下次洞・下里が新設の平安南道平城区に編入。
  • 1967年 - 清渓洞・龍宮洞の各一部が合併し、龍文洞が発足。(10洞)
  • 1972年 (12洞)
    • 龍城洞が分割され、龍城一洞・龍城二洞が発足。
    • 龍楸洞の一部が分立し、龍楸一洞が発足。
    • 龍楸洞の残部・馬山洞の一部が合併し、龍楸二洞が発足。
    • 林原洞の一部が馬山洞に編入。
  • 1979年 - 龍宮洞が分割され、龍宮一洞・龍宮二洞が発足。(13洞)
  • 1984年 - 三石区域大泉洞を編入。(14洞)
  • 1988年 - 馬山洞の一部が三石区域三石里の一部と合併し、明梧洞が発足。(15洞)

施設編集

交通編集

脚注編集

外部リンク編集


座標: 北緯39度08分35秒 東経125度48分22秒 / 北緯39.143度 東経125.806度 / 39.143; 125.806