メインメニューを開く
洞窟入口(東本洞)と龍王神社。
洞内にある神の壷。

龍河洞(りゅうがどう)は、四国中部(高知県東部の香美市)に存在する鍾乳洞である。日本三大鍾乳洞の1つに数えられる。1934年に日本政府によって、国の天然記念物および国の史跡に指定された。2007年には日本の地質百選に選定されている。

目次

概要編集

鍾乳洞の総延長約4キロメートルのうち、約1キロメートルが通常ルートとなっている。このほかに、冒険コース(見学の際には前日までに要予約)がある。珍鳥センターと龍河洞博物館が併設されている。

洞内より数十点の弥生土器、炉跡、木炭および獣骨などを発見しており、弥生時代にあって洞内に居住した痕跡がのこるとして天然記念物指定と同時に国の史跡にも指定された。

特に洞内において弥生式土器が鍾乳石と一体化したものが見られ、「神の壷」と命名され龍河洞のシンボリックな存在になっている。その隣には1937年に実験のため置かれた壷があり、こちらも鍾乳石と一体化している[1]

付帯施設編集

 
龍河洞博物館
 
珍鳥センター
  • 龍河洞博物館
  • 珍鳥センター - オナガドリをはじめとする特殊鶏を飼育・展示する。

所在地・交通アクセス編集

周辺編集

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 洞窟で70年も続いている実験とは - エキサイトニュース

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集