007 ゴールドフィンガー

イアン・フレミングの小説

007 ゴールドフィンガー』(Goldfinger)は、イアン・フレミングが執筆したスパイ小説で、007シリーズの長編小説第7目。1959年ジョナサン・ケープより出版された。日本では1960年早川書房から井上一夫訳によりハヤカワ・ポケット・ミステリで発売された。

あらすじ編集

メキシコでの任務の帰路、マイアミに立ち寄ったイギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドは、かつてのカジノ・ロワイヤルでの勝負の際同席したデュポンと再会し、彼の頼みでオーリック・ゴールドフィンガー[1]のカードゲーム(カナスタ)のいかさまを暴いた。ロンドンへ戻ったボンドは、ゴールドフィンガーがスメルシュの手先となって金の密輸を行っているらしいことを聞かされ、その調査を命じられた。調査中、ボンドはゴールドフィンガーに捕らわれ、彼がアメリカ合衆国のフォート・ノックス英語版を襲撃して合衆国金塊保管所に貯蔵された金塊を奪取し、ソ連の巡洋艦に積み込んで海外に運び去ろうとしていることを知る。

出版編集

  • イアン・フレミング『007 ゴールドフィンガー』井上一夫訳、早川書房ハヤカワ・ミステリ文庫〉、1998年2月。ISBN 9784151713514改訳版
  • Fleming, Ian (2002-8-27) (英語). Goldfinger. Penguin. ISBN 9780142002049 

映画編集

脚注・参照編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「オーリック」 “Auric” は英語で+3価を意味する形容詞(英語版ウィクショナリーのauricを参照)。ラテン語で金を意味するaurumに由来する。金の元素記号“Au”も同語源。