メインメニューを開く

10億分の1の男 (Intacto) は2001年のスペイン映画フアン・カルロス・フレスナディージョ監督・脚本のサスペンス。

10億分の1の男
Intacto
監督 フアン・カルロス・フレスナディージョ
脚本 フアン・カルロス・フレスナディージョ
アンドレス・M・コッペル
製作 フェルナンド・ボバイラ
エンリケ・ロペス・ラビニュ
出演者 レオナルド・スバラグリア
ユウセビオ・ポンセラ
音楽 ルシオ・ゴドイ
撮影 シャビ・ヒメネス
編集 ナチョ・ルイス・カピヤス
配給 クロックワークス
公開 スペインの旗 2001年11月9日
日本の旗 2003年9月20日
上映時間 108分
製作国 スペインの旗 スペイン
言語 スペイン語
テンプレートを表示

ストーリー編集

フェデリコは幼い頃、未曾有の大地震で生き埋め状態のところをサムに助けられた。その時、サムから“運”を奪う能力を授けられて以来、彼の経営するカジノでお客の運を奪い取ってきた。だがある日、彼はサムのもとから去ろうとしたためその能力をサムに吸い取られてしまう。 7年後、銀行強盗で逃走中のトマスは飛行機の墜落事故に見舞われたが、搭乗者237名の中で奇跡的にたった1人生き残った。彼は女刑事サラの監視下で入院していたが、そこへ強運な男を探していたフェデリコが現われる。彼はトマスを連れ出すと、あるゲームへの参加を強引に迫るのだった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

外部リンク編集