1796年イギリス総選挙

1796年イギリス総選挙英語: British general election, 1796)は第18期グレートブリテン議会英語版庶民院英語版議員を選出するために行われた選挙で、グレートブリテン王国最後の総選挙である。

1796年イギリス総選挙
グレートブリテン王国
1790年 ←
5月25日 - 6月29日
→ 1802年

庶民院558議席、安定多数は280議席必要
  第1党 第2党
  George-Romney-xx-William-Pitt-the-Younger-xx-Tate-Britain.jpg Reynolds Charles James Fox.jpg
党首 ウィリアム・ピット チャールズ・ジェームズ・フォックス
政党 ピット派 フォックス派
党首選挙区 ケンブリッジ大学英語版 ウェストミンスター英語版

選挙前首相

ウィリアム・ピット
ピット派

選出首相

ウィリアム・ピット
ピット派

選挙の形勢編集

グレートブリテン議会は1707年にイングランド議会スコットランド議会が合同したときに成立した。

グレートブリテン王国は1792年よりフランス革命戦争でフランスと戦っており、首相は1783年に就任したウィリアム・ピットである。ピットはホイッグ党とトーリー党の戦時連立内閣を率いていた。

主な野党はチャールズ・ジェームズ・フォックス率いる比較的に弱いホイッグ党の一派のフォックス派英語版である。1797年以降の4年間はフォックスが議会から離脱する方針をとったため、政府は議会でほとんど反対に遭わず、ジョージ・ティアニー英語版率いる少数の議員のみが登院して政府に反対した。アーチボルド・フォードによると、「少数派が75人に上ったのは一度だけで、ときどき10人未満だった」。

区割り編集

グレートブリテン議会が存在した全期間を通して、区割りが変更されることはなかった。

下記ではモンマスシャー(カウンティ議員2名とバラ議員1名)をウェールズに算入しているが、この時期に関する文献ではイングランドに算入する場合もある。

BC – バラ選挙区、CC - カウンティ選挙区、UC - 大学選挙区、BMP - バラ議員、CMP - カウンティ議員、UMP - 大学議員。

地域と種類別の選挙区数と議員数編集

地域 BC CC UC 選挙区数の合計 BMP CMP UMP 議員数の合計
  イングランド 202 39 2 243 404 78 4 486
 ウェールズ 13 13 0 26 13 14 0 27
  スコットランド 15 30 0 45 15 30 0 45
 合計 230 82 2 314 432 122 4 558

地域と議席数別の選挙区数編集

地域 BC×1 BC×2 BC×4 CC×1 CC×2 UC×2 選挙区数の合計
  イングランド 4 196 2 0 39 2 243
 ウェールズ 13 0 0 12 1 0 26
  スコットランド 15 0 0 30 0 0 45
 合計 32 196 2 42 40 2 314

出典:

  • (選挙区の種類)British Historical Facts 1760–1830, by Chris Cook and John Stevenson (The Macmillan Press 1980).

選挙の日付編集

総選挙は1796年5月25日から6月29日まで行われた[1]。この時代の選挙は全ての選挙区で同時に行われず、各バラや郡でバラバラに行われた(ハスティング英語版も参照)。

脚注編集

  1. ^ Footnote to Table 5.02 British Electoral Facts 1832–1999, compiled and edited by Colin Rallings and Michael Thrasher (Ashgate Publishing Ltd 2000).

参考文献編集

  • His Majesty's Opposition 1714–1830, by Archibald S. Foord (Oxford University Press 1964)
  • British Electoral Facts 1832-1999, compiled and edited by Colin Rallings and Michael Thrasher (Ashgate Publishing Ltd 2000). (For dates of elections before 1832, see the footnote to Table 5.02).

関連項目編集