1917年のメジャーリーグベースボール

1917年の野球から転送)

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1917年のできごとを記す。

1917年4月11日に開幕し10月15日に全日程を終え、ナショナルリーグニューヨーク・ジャイアンツが4年ぶり8度目のリーグ優勝で、アメリカンリーグシカゴ・ホワイトソックスが11年ぶり3度目のリーグ優勝を果たした。

ワールドシリーズはシカゴ・ホワイトソックスがニューヨーク・ジャイアンツを4勝2敗で破り1906年以来11年ぶりにシリーズ2度目の制覇となった。

できごと編集

ナショナルリーグは、2年前に最下位となり、前年は4位に終わったニューヨーク・ジャイアンツが、エースのクリスティ・マシューソンらを思い切って放出して新しい陣容を整えて、内野はホーク一塁手、ハーゾク二塁手、ジマーマン 三塁手とすっかり若返り、ヘイニー・ジマーマンは最多打点112、ジョージ・バーンズが最多得点102、デーブ・ロバートソン が最多本塁打12本を打ち(この3人は前年も同じタイトルを取っている])、リーグ優勝した。

アメリカンリーグはシカゴ・ホワイトソックスが、投手はエディ・シーコット(最多勝28勝と最優秀防御率1.53)とレッド・フェイバー、打線はエディ・コリンズ(2年前にアスレチックスから移籍)とシューレス・ジョー・ジャクソン(2年前にクリーブランド・インディアンスから移籍、この年打率.301)が活躍して、リーグ優勝を果たした。

ワールドシリーズでは、投打のバランスが取れていたシカゴ・ホワイトソックスが、レッド・フェイバーの後半の三連投で3勝1敗と活躍してニューヨーク・ジャイアンツを圧倒し、た。しかしこれ以降ホワイトソックスのワールドシリーズ制覇は、88年後の2005年である。

タイ・カッブ  編集

アメリカン・リーグの首位打者にタイ・カッブが.383で返り咲き、前年首位打者のトリス・スピーカーは3位であった。またカッブは盗塁55でこの年の盗塁王に輝いていたが、このタイトルはこの年が最後となった。

ジョージ・シスラー編集

2位に入ったのはセントルイス・ブラウンズのジョージ・シスラーであった。シスラーは入団2年目の前年に打率.305で3割に達して、3年目のこの年は打率.353で頭角を現してきた。3年後の1920年に4割打者となり打率.407で初の首位打者となった。その時にシーズン最多安打257本の記録を作った。

規則の改訂編集

  • 投手の自責点の対象に、盗塁による失点が加えられた。

最終成績編集

レギュラーシーズン編集

アメリカンリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 シカゴ・ホワイトソックス 100 54 .649 --
2 ボストン・レッドソックス 90 62 .592 9.0
3 クリーブランド・インディアンス 88 66 .571 12.0
4 デトロイト・タイガース 78 75 .510 21.5
5 ワシントン・セネタース 74 79 .484 25.5
6 ニューヨーク・ヤンキース 71 82 .464 28.5
7 セントルイス・ブラウンズ 57 97 .370 43.0
8 フィラデルフィア・アスレチックス 55 98 .359 44.5

ナショナルリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ジャイアンツ 98 56 .636 --
2 フィラデルフィア・フィリーズ 87 65 .572 10.0
3 セントルイス・カージナルス 82 70 .539 15.0
4 シンシナティ・レッズ 78 76 .506 20.0
5 シカゴ・カブス 74 80 .481 24.0
6 ボストン・ブレーブス 72 81 .471 25.5
7 ブルックリン・ロビンス 70 81 .464 26.5
8 ピッツバーグ・パイレーツ 51 103 .331 47.0

ワールドシリーズ編集

  • ホワイトソックス 4 - 2 ジャイアンツ
10/ 6 – ジャイアンツ 1 - 2 ホワイトソックス
10/ 7 – ジャイアンツ 2 - 7 ホワイトソックス
10/10 – ホワイトソックス 0 - 2 ジャイアンツ
10/11 – ホワイトソックス 0 - 5 ジャイアンツ
10/13 – ジャイアンツ 5 - 8 ホワイトソックス
10/15 – ホワイトソックス 4 - 2 ジャイアンツ

個人タイトル編集

アメリカンリーグ編集

打者成績編集

項目 選手 記録
打率 タイ・カッブ (DET) .383
本塁打 ウォーリー・ピップ (NYY) 9
打点 ボビー・ヴィーチ (DET) 103
得点 ドニー・ブッシュ (DET) 112
安打 タイ・カッブ (DET) 225
盗塁 タイ・カッブ (DET) 55

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 エディ・シーコット (CWS) 28
敗戦 ボブ・グルーム (SLA) 19
アレン・ソットロン (SLA)
防御率 エディ・シーコット (CWS) 1.53
奪三振 ウォルター・ジョンソン (WS1) 188
投球回 エディ・シーコット (CWS) 346⅔
セーブ デーブ・ダンフォース (CWS) 9

ナショナルリーグ編集

投手成績編集

項目 選手 記録
打率 エド・ローシュ (CIN) .341
本塁打 ギャビー・クラバス (PHI) 12
デーブ・ロバートソン (NYG)
打点 ヘイニー・ジマーマン (NYG) 102
得点 ジョージ・バーンズ (NYG) 103
安打 ヘイニー・グロー (CIN) 182
盗塁 マックス・キャリー (PIT) 46

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 ピート・アレクサンダー (PHI) 30
敗戦 ジェシー・バーンズ (BSN) 21
エッパ・リクシー (PHI)
防御率 フレッド・アンダーソン (NYG) 1.44
奪三振 ピート・アレクサンダー (PHI) 200
投球回 ピート・アレクサンダー (PHI) 388
セーブ スリム・サリー (NYG) 4

出典編集

  • 『アメリカ・プロ野球史』第3章 揺さぶられる大リーグ 90P参照  鈴木武樹 著  1971年9月発行  三一書房
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪1917年≫ 59P参照 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 1905-2000  90P参照 上田龍 著 2001年10月発行 ベースボールマガジン社

外部リンク編集