1927年ウィンブルドン選手権

1927年 ウィンブルドン選手権(1927ねんウィンブルドンせんしゅけん、The Championships, Wimbledon 1927)に関する記事。イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて開催。

大会の流れ編集

  • 本年度から、男女シングルスで「メリット・シーディング」(Merit seeding)が実施され、シード選手の順位が正式に記録されるようになった。メリット・シーディングとは、現在行われているような、出場選手の実力・実績にしたがってシード順位を決定する方法である。前年まで実施された「ナショナル・シーディング」(National seeding)のように、出場選手の国籍には左右されない。

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   ルネ・ラコステ (ベスト4)
  2.   ビル・チルデン (ベスト4)
  3.   ジャン・ボロトラ (準優勝)
  4.   アンリ・コシェ (初優勝)
  5.   原田武一 (1回戦)
  6.   ルイス・レイモンド (2回戦)
  7.   ジャック・ブルニョン (ベスト8)
  8.   ヤン・コジェルフ (ベスト8)

女子シングルス編集

  1.   ヘレン・ウィルス (初優勝)
  2.   キティ・ゴッドフリー (ベスト8)
  3.   コルネリア・ボウマン (4回戦)
  4.   リリ・デ・アルバレス (準優勝)
  5.   エリザベス・ライアン (ベスト4)
  6.   モーラ・マロリー (3回戦)
  7.   ボビー・ハイネ (3回戦)
  8.   アイリーン・ピーコック (ベスト8)

大会経過編集

男子シングルス編集

準々決勝

準決勝

女子シングルス編集

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果編集

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス
混合ダブルス

外部リンク編集

  • 抽選表・シード選手:男子女子 (男子はGrand Slam Tennis Archive、女子はTennisForum.com提供スレッドによる)

参考文献編集

  • Maurice Brady, “Lawn Tennis Encyclopedia” (ローンテニス百科事典) David & Charles, Newton Abbot, Devon, England (1969 Ed.) 189ページ [シード選手。本年度以後、メリット・シーディングによる順位を記載]
  • Lance Tingay, “100 Years of Wimbledon” (ウィンブルドンの100年史) Guinness Superlatives Ltd., London (1977) ISBN 0-900424-71-0 [大会経過、選手国籍] ナショナル・シーディングとメリット・シーディングについて、本書の221ページを参照した。
  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3 [大会経過、選手フルネーム]
先代:
1927年全仏テニス選手権
テニス4大大会
1927年
次代:
1927年全米テニス選手権
先代:
1926年ウィンブルドン選手権
ウィンブルドン選手権
1927年
次代:
1928年ウィンブルドン選手権