1927年全仏選手権 (テニス)

1927年 全仏選手権(1927ねんぜんふつせんしゅけん、Internationaux de France de Roland-Garros 1927)に関する記事。フランスパリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて開催。

大会の流れ編集

  • 男子シングルスは「75名」の選手による7回戦制で行われた。11人の選手を絞り落とすため、1回戦は11試合を実施し、他の53名は2回戦から出場した。
  • 男子シングルスのシード選手は16名であったが、第11シード・第12シード・第13シードの3人は1回戦から出場した。他のシード選手が初戦敗退した場合は「2回戦=初戦」と表記する。
  • 女子シングルスは「40名」の選手による6回戦制で行われた。8人の選手を絞り落とすため、1回戦は8試合を実施し、他の24名は2回戦から出場した。シード選手では、第5・第6シードが1回戦から出場した。

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   ルネ・ラコステ (優勝、2年ぶり2度目)
  2.   アンリ・コシェ (ベスト4)
  3.   ビル・チルデン (準優勝)
  4.   ジャン・ボロトラ (4回戦)
  5.   フランシス・ハンター (3回戦)
  6.   ルイス・レイモンド (ベスト8)
  7.   ベラ・フォン・ケーリング (4回戦)
  8.   ジャック・ブルニョン (ベスト8)
  9.   ニコラス・ミシュー (4回戦)
  10.   オットー・フロイツハイム (ベスト8)
  11.   スリー・クリシュナ・プラサーダ (4回戦)
  12.   キーツ・レスター (4回戦)
  13.   パトリック・スペンス (ベスト4)
  14.   シャルル・エシュリマン (4回戦)
  15.   ヘンドリク・ティマー (4回戦)
  16.   スタニスワフ・チェトヴェルティンスキ (4回戦)

女子シングルス編集

  1.   マルグリット・ブロクディス (ベスト8)
  2.   リリ・デ・アルバレス (ベスト8)
  3.   コルネリア・ボウマン (初優勝)
  4.   アイリーン・ピーコック (準優勝)
  5.   シリー・アウセム (ベスト8)
  6.   スザンヌ・ディーブ (3回戦)
  7.   フィービ・ワトソン (3回戦)
  8.   アイリーン・ベネット (ベスト4)

大会経過編集

男子シングルス編集

準々決勝

準決勝

女子シングルス編集

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果編集

外部リンク編集

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子
先代:
1927年オーストラリア選手権 (テニス)
テニス4大大会
1927年
次代:
1927年ウィンブルドン選手権
先代:
1926年全仏選手権 (テニス)
全仏オープンテニス
1927年
次代:
1928年全仏選手権 (テニス)