1957年のロードレース世界選手権

1957年の
FIMロードレース世界選手権
前年: 1956 翌年: 1958

1957年のロードレース世界選手権は、FIMロードレース世界選手権の第9回大会である。5月にドイツホッケンハイムで開幕し、イタリアモンツァで開催された最終戦まで、全6戦で争われた。

シーズン概要編集

1957年は前年と同じく全6戦で争われたが、ドイツGPの舞台が初めてホッケンハイムリンクとなった。

前年同様に全クラスをイタリアのメーカーのマシンが制したが、MVアグスタが350cc以外の全クラスを支配した前年から勢力図は大きく変わった。500ccクラスではMVアグスタのマシンが信頼性に問題を抱えている間にジレラが巻き返し、250ccクラスではモンディアルが圧勝、125ccクラスでもモンディアルがMVアグスタとの接戦を制した。しかし、これら大小のイタリアンメーカーが群雄割拠した時代はこのシーズンで終わることになる。各クラスでタイトルを獲得したジレラ、モト・グッツィ、モンディアルがロードモデルの販売低下を理由にこのシーズンをもってグランプリから撤退することを決定したのである。MVアグスタも当初はこの3社に同調していたが後に撤回した[1][2]。このためにMVアグスタには有力なライバルがいないという状況となり、特に大排気量クラスのワークスチームはMVアグスタのみという状態が翌年からしばらく続くことになった。

また、マシンのほぼ全体を覆うダスドビン・フェアリングはこの年限りで禁止となった[3]

500ccクラス編集

ディフェンディングチャンピオンのジョン・サーティースMVアグスタの信頼性不足に悩まされ、オランダでの1勝しか挙げられなかった。一方、エースのジェフ・デュークがシーズン前のイモラでの怪我によってシーズン前半の出場が絶望的になったジレラだったが、残ったリベロ・リベラーティボブ・マッキンタイヤが開幕2戦で1勝ずつ挙げてデュークの穴を埋めた[1]。開幕戦のドイツではリベラーティがグランプリで初めて平均速度200km/h以上で優勝し、マン島50周年記念レースとなった第2戦ではマッキンタイヤが初の「オーバー・ザ・トン」(1周の平均速度が100mph以上)を記録している。ベルギーではリベラーティが1位でゴールしたものの、レース直前のマシン変更をオフィシャルに通知していなかったことが問題となり失格となってしまった。しかしリベラーティはその後の終盤2戦で勝利し、初のタイトルを獲得した[4][5]。なお、シーズン終了後の裁定でベルギーの結果は再び覆され、リベラーティの勝利が認められている。

 
MVアグスタの6気筒プロトタイプ

モト・グッツィV8エンジンは新設計のクランクシャフトを得てようやく戦闘力と信頼性を獲得し始めた。ディッキー・デイルが開幕から2戦連続で4位入賞し、ベルギーではキース・キャンベルバッテリーのトラブルで戦列を離れるまではラップレコードを更新しながらトップを快走した[6]。しかしその一方で高速でのハンドリングの悪さは一向に改善されず、元350ccチャンピオンのビル・ロマスダッチTTの予選でのクラッシュにより残りのレースの欠場を余儀なくされ、結局シーズン終了後のモト・グッツィの撤退とともにロマスも引退した[5]

また、MVアグスタはイタリアGPのプラクティスで新たな6気筒のプロトタイプを公開したが、このマシンはレースを走ることはなかった[1]

350ccクラス編集

 
モト・グッツィの単気筒350cc

開幕戦、第2戦をジレラリベロ・リベラーティボブ・マッキンタイヤが勝利したが、モト・グッツィキース・キャンベルが第3戦から3連勝を飾り、オーストラリア人としては初めてのワールドチャンピオンとなった[7][5]。モト・グッツィにとってはこのクラスで5年連続の、そして最後となるタイトルだった。

250ccクラス編集

前年のチャンピオンであるMVアグスタカルロ・ウビアリが開幕戦を制したが、この年ウビアリが250ccクラスで獲得したポイントはこの1戦のみだった。代わってこのクラスを支配したのは新型の単気筒マシンを投入したモンディアルで、セシル・サンドフォードは2勝に留まったもののコンスタントに表彰台に登り、チームメイトのタルクィニオ・プロヴィーニサミー・ミラーを押さえて1952年の125ccクラス以来となるタイトルを獲得した[8][1]。世界選手権がスタートして以来イタリア人とドイツ人にタイトルを独占されてきた250ccクラスであったが、サンドフォードは初めてこのクラスを制したイギリス人となった[5]

125ccクラス編集

ディフェンディングチャンピオンのカルロ・ウビアリは開幕戦のドイツで優勝、続くマン島では2位と幸先の良いスタートを切った。ウビアリはマン島での2位で14レース連続表彰台という記録を作っていたが第3戦オランダの予選中にクラッシュ、連続表彰台が途切れてしまうとともに以後の3戦を欠場してタイトル争いからも脱落した。ウビアリの欠場中にランキングトップとなったのは、マン島から3連勝を飾ったモンディアルに乗るタルクィニオ・プロヴィーニだった。プロヴィーニは第5戦のアルスターGPで2位となり、最終戦を待たずしてタイトルを決めた[9][5]


グランプリ編集

Rd. 決勝日 GP サーキット 125ccクラス優勝 250ccクラス優勝 350ccクラス優勝 500ccクラス優勝 レポート
1 5月19日   ドイツGP ホッケンハイム   C.ウビアリ   C.ウビアリ   L.リベラーティ   L.リベラーティ 詳細
2 6月7日   マン島TT マン島   T.プロヴィーニ   C.サンドフォード   B.マッキンタイヤ   B.マッキンタイヤ 詳細
3 6月29日   ダッチTT アッセン   T.プロヴィーニ   T.プロヴィーニ   K.キャンベル   J.サーティース 詳細
4 7月7日   ベルギーGP スパ   T.プロヴィーニ   J.ハートル   K.キャンベル   L.リベラーティ 詳細
5 8月10日   アルスターGP ダンドロッド   L.タベリ   C.サンドフォード   K.キャンベル   L.リベラーティ 詳細
6 9月1日   イタリアGP モンツァ   C.ウビアリ   T.プロヴィーニ   B.マッキンタイヤ   L.リベラーティ 詳細

最終成績編集

ポイントシステム
順位 1 2 3 4 5 6
ポイント 8 6 4 3 2 1
  • 全クラスで上位入賞した4戦分のポイントが有効とされた。
  • 凡例

500ccクラス順位編集

順位 ライダー マシン GER
 
IOM
 
NED
 
BEL
 
ULS
 
ITA
 
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1   リベロ・リベラーティ ジレラ 1 - 2 1 1 1 32 38 4
2   ボブ・マッキンタイヤ ジレラ 2 1 - - 2 - 20 1
3   ジョン・サーティース MVアグスタ - 2 1 - - 4 17 1
4   ジェフ・デューク ジレラ - - - - 3 2 10 0
5   ジャック・ブレット ノートン - - 4 2 - - 9 0
6   ワルター・ツェラー BMW 3 - 3 - - - 8 0
7   キース・ブライアン ノートン - - 6 3 - - 8 0
モト・グッツィ - - - - 5 -
8   ディッキー・デイル モト・グッツィ 4 4 - - - - 6 0
9   ボブ・ブラウン ジレラ - 3 - - - - 4 0
9   アルフレッド・ミラーニ ジレラ - - - - - 3 4 0
11   テリー・シェパード MVアグスタ 5 - - - 6 6 4 0
12   デレク・ミンター ノートン - - - 4 - - 3 0
12   ジェフ・ターナー ノートン - - - - 4 - 3 0
14   エルンスト・ヒラー BMW 6 - 5 - - - 3 0
15   キース・キャンベル モト・グッツィ - 5 - - - - 2 0
15   マイク・オルーク ノートン - - - 5 - - 2 0
15   ウンベルト・マセッティ MVアグスタ - - - - - 5 2 0
18   アラン・トロー ノートン - 6 - - - - 1 0
18   ハンス・ギュンター・イェーガー BMW - - - 6 - - 1 0

350ccクラス順位編集

順位 ライダー マシン GER
 
IOM
 
NED
 
BEL
 
ULS
 
ITA
 
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1   キース・キャンベル モト・グッツィ - 2 1 1 1 - 30 3
2   リベロ・リベラーティ ジレラ 1 - 3 2 3 3 22 26 1
3   ボブ・マッキンタイヤ ジレラ - 1 2 - - 1 22 2
4   キース・ブライアン モト・グッツィ - - 5 3 2 - 12 0
5   ジョン・ハートル ノートン 2 - 6 - 4 6 11 0
6   ジュゼッペ・コルナゴ モト・グッツィ - - - 6 - 2 7 0
7   ボブ・ブラウン ジレラ - 3 - 5 - - 6 0
8   アラーノ・モンタナリ モト・グッツィ 5 - - 4 - - 5 0
9   ヘルムート・ハルマイヤー NSU 3 - - - - - 4 0
10   ウンベルト・マセッティ MVアグスタ 4 - - - - - 3 0
10   ジョン・サーティース MVアグスタ - 4 - - - - 3 0
10   ジャック・ブレット ノートン - - 4 - - - 3 0
10   アルフレッド・ミラーニ ジレラ - - - - - 4 3 0
14   エリック・ヒントン ノートン - 5 - - - - 2 0
14   デイブ・チャドウィック ノートン - - - - 5 - 2 0
14   アデルモ・マンドリーニ モト・グッツィ - - - - - 5 2 0
17 R.トムソン AJS 6 - - - - - 1 0
17   ジョージ・マーフィ AJS - 6 - - - - 1 0
17   ブライアン・パースロウ ノートン - - - - 6 - 1 0

250ccクラス順位編集

順位 ライダー マシン GER
 
IOM
 
NED
 
BEL
 
ULS
 
ITA
 
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1   セシル・サンドフォード モンディアル 3 1 2 3 1 4 26 33 2
2   タルクィニオ・プロヴィーニ モンディアル - - 1 - - 1 16 2
3   サミー・ミラー モンディアル - 5 3 2 - 5 14 0
4   ロベルト・コロンボ MVアグスタ 2 3 - - - - 10 0
5   カルロ・ウビアリ MVアグスタ 1 - - - - - 8 1
5   ジョン・ハートル MVアグスタ - - - 1 - - 8 1
7   ルイジ・タベリ MVアグスタ 5 2 - - - - 8 0
8   デイブ・チャドウィック MVアグスタ - 6 - - 2 - 7 0
9   エンリコ・ロレンツェッティ モト・グッツィ 4 - - - - 3 7 0
10   レモ・ベンチューリ MVアグスタ - - - - - 2 6 0
11   フランティシェク・バルトシュ CZ - 4 - 5 - - 5 0
12   トミー・ロブ NSU - - - - 3 - 4 0
13   アーサー・ウィラー モト・グッツィ - - 6 4 - - 4 0
14   フォルトゥナート・リバノーリ MVアグスタ - - 4 - - - 3 0
14   クライブ・ブラウン NSU - - - - 4 - 3 0
16   フランタ・スタストニィ ヤワ - - 5 - - - 2 0
16   G.アンドリュース NSU - - - - 5 - 2 0
18   ヘルムート・ハルマイヤー NSU 6 - - - - - 1 0
18   ギュンター・ビア アドラー - - - 6 - - 1 0
18   ニール・ホジソン・ホジンズ ベロセット - - - - 6 - 1 0
18   アラーノ・モンタナリ モト・グッツィ - - - - - 6 1 0


125ccクラス順位編集

順位 ライダー マシン GER
 
IOM
 
NED
 
BEL
 
ULS
 
ITA
 
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1   タルクィニオ・プロヴィーニ モンディアル 2 1 1 1 2 - 30 36 3
2   ルイジ・タベリ MVアグスタ 5 3 3 2 1 3 22 28 1
3   カルロ・ウビアリ MVアグスタ 1 2 - - - 1 22 2
4   サミー・ミラー モンディアル - 4 6 - 5 2 12 0
5   ロベルト・コロンボ MVアグスタ 3 6 2 - - - 11 0
6   セシル・サンドフォード モンディアル - 5 4 3 - - 9 0
7   レモ・ベンチューリ MVアグスタ - - - - 3 5 6 0
8   フォルトゥナート・リバノーリ MVアグスタ - - 5 - - 4 5 0
9   ホルスト・フュグナー MZ 4 - - - - - 3 0
9   フランティシェク・バルトシュ CZ - - - 4 - - 3 0
9   デイブ・チャドウィック MVアグスタ - - - - 4 - 3 0
12   ビル・ウェブスター MVアグスタ - - - 5 6 - 3 0
13   エルンスト・デグナー MZ 6 - - - - - 1 0
13   W.マドリック MVアグスタ - - - 6 - - 1 0
13   グイド・サラ モンディアル - - - - - 6 1 0

脚注編集

  1. ^ a b c d 『二輪グランプリ60年史』(p.42)
  2. ^ 『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(p.38)
  3. ^ 『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(p.46)
  4. ^ 1957 500cc World Standing - The Official MotoGP Website
  5. ^ a b c d e 『二輪グランプリ60年史』(p.43)
  6. ^ 『二輪グランプリ60年史』(p.41)
  7. ^ 1957 350cc World Standing - The Official MotoGP Website
  8. ^ 1957 250cc World Standing - The Official MotoGP Website
  9. ^ 1957 125cc World Standing - The Official MotoGP Website

参考文献編集

  • ジュリアン・ライダー / マーティン・レインズ『二輪グランプリ60年史』(2010年、スタジオ・タック・クリエイティブ)ISBN 978-4-88393-395-2
  • ケビン・キャメロン『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(2010年、ウィック・ビジュアル・ビューロウ)ISBN 978-4-900843-57-8
  • マイケル・スコット『The 500cc World Champion』(2007年、ウィック・ビジュアル・ビューロウ)ISBN 978-4-900843-53-0