1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出

1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出』(1973.9.21 ショーボート すばらしきふなで)は、1974年1月15日 (1974-01-15)に発売されたライブ・アルバム

1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出
南佳孝ムーンライダース ⁄ ココナツ・バンク ⁄ 吉田美奈子ライブ・アルバム
リリース
録音 1973年9月21日 (1973-09-21)
文京公会堂
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル SHOW BOAT ⁄ TRIO
LP:3A-1014
プロデュース WIND CORPORATION for CITY MUSIC INC.
南佳孝ムーンライダース ⁄ ココナツ・バンク ⁄ 吉田美奈子 アルバム 年表
-
  • 1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出
  • (1974年 (1974)
-
南佳孝 年表
  • 摩天楼のヒロイン
  • (1973年 (1973)
  • 1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出
  • (1974年 (1974)
  • 忘れられた夏
  • (1976年 (1976)
ムーンライダース 年表
  • 1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出
  • (1974年 (1974)
伊藤銀次 年表
  • 1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出
  • (1974年 (1974)
吉田美奈子 年表
  • 1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出
  • (1974年 (1974)
テンプレートを表示

解説編集

1973年9月21日 (1973-09-21)、東京・文京公会堂で行われたはっぴいえんどラスト・ライヴ“CITY-Last Time Around”は本来、大滝詠一がプロデュースする“ごまのはえ”改め“ココナツ・バンク”、松本隆がプロデュースする“ムーンライダース”[注釈 1]細野晴臣鈴木茂による“キャラメル・ママ”が出演する合同コンサートとして企画されたが、“4人集まるのだからはっぴいえんどもやろう”ということになって急遽、既に解散していたはっぴいえんども出演することになり結果、「最後のステージを迎えたはっぴいえんど+α」という構図のライヴとなった。

イベント自体は三部構成で、第一部は、はっぴいえんどのメンバーがプロデュースを務め、風都市がこれから売り出そうとするアーティストのお披露目的意味合いのステージでこのライヴ当日、ショーボートからアルバムをリリースした南佳孝[注釈 2]吉田美奈子[注釈 3]に加え、西岡恭蔵、ココナツ・バンクが順に登場。第二部では、はっぴいえんどのメンバーがそれぞれ取り組み始めていた新しい音を披露。シュガー・ベイブと小宮やすゆうをコーラスに加えた大滝詠一とココナツ・バンク。松本隆によるムーンライダース。細野晴臣と鈴木茂に林立夫松任谷正隆からなるキャラメル・ママの順番。そして、第三部がはっぴいえんどのラスト・ライヴという構成。本盤はその中から第一部の吉田美奈子、南佳孝、ココナツ・バンク。第二部のムーンライダースの4組の演奏が収録されている[注釈 4]。A-3南佳孝「摩天楼のヒロイン」はインストゥルメンタルで次曲「ピストル」と続けて演奏されている。

1980年7月5日 (1980-07-05)、品番はそのままでジャケットを変えて再発された。

収録曲編集

SIDE A編集

  1. 風にさらわれて南佳孝
    作詞・作曲 : 南佳孝
    ©73, CITY MUSIC INC.
  2. 酔泥天使(南佳孝)
    作詞・作曲 : 南佳孝
    ©73, CITY MUSIC INC.
  3. 摩天楼のヒロイン(南佳孝)
  4. ピストル(南佳孝)
    作詞 : 松本隆、作曲 : 南佳孝
    ©73, CITY MUSIC INC.
  5. 月夜のドライブムーンライダース
    作詞・作曲 : 山本浩美
    ©73, CITY MUSIC INC.
    後に鈴木慶一が新たに歌詞を書き、はちみつぱいのアルバム『センチメンタル通り』[注釈 5]に改めて収録された。
  6. ベイビー・カムバック(ムーンライダース)
    作詞 : 松本隆、作曲 : 鈴木博文
    ©73, CITY MUSIC INC.

SIDE B編集

  1. 日射病(ココナツ・バンク)
    作詞・作曲 : 伊藤銀次
    ©73, CITY MUSIC INC.
    伊藤によればクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの<プラウド・メアリー>のような曲が作りたいと思って作ったとし、歌詞はこの頃凝っていたナンセンス・ポップンロールみたいなものだという[1]。後に伊藤のソロとしてアルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.1[注釈 6]収録に際し、新たな歌詞で再レコーディングされた。
  2. 無頼横町(ココナツ・バンク)
    作詞・作曲 : 伊藤銀次
    ©73, CITY MUSIC INC.
    伊藤は「この曲は大滝さんと一緒にふざけながら作った曲だけど、当時好きだったワイアット・アープが出てくるおかしな曲ですね。ほとんど僕は何を考えていたのかわかりませんね。大滝さんも言ってたけど、何か不思議なことをやってたんじゃないかな」[1]という。
  3. ねこ吉田美奈子
    作詞・作曲 : 吉田美奈子
    ©73, CITY MUSIC INC.
  4. 週末(吉田美奈子)
    作詞・作曲 : 吉田美奈子
    ©73, CITY MUSIC INC.
  5. 変奏(吉田美奈子)
    作詞・作曲 : 吉田美奈子
    ©73, CITY MUSIC INC.

クレジット編集

CD:SWAX-9編集

1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出
南佳孝 ⁄ ムーンライダース ⁄ ココナツ・バンク ⁄ 吉田美奈子ライブ・アルバム
リリース
録音 1973年9月21日 (1973-09-21)
文京公会堂
ジャンル ポップス
ロック
レーベル SHOW BOAT ⁄ sky station
CD:SWAX-9
プロデュース WIND CORPORATION for CITY MUSIC INC.
南佳孝 ⁄ ムーンライダース ⁄ ココナツ・バンク ⁄ 吉田美奈子 アルバム 年表
-1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出
1974年
-
EANコード
EAN 4948722107859
テンプレートを表示

解説編集

1998年、初回限定BOX TYPEジャケットでCD化された。

収録曲編集

  1. 風にさらわれて(南佳孝)
  2. 酔泥天使(南佳孝)
  3. 摩天楼のヒロイン(南佳孝)
  4. ピストル(南佳孝)
  5. 月夜のドライブ(ムーンライダース)
  6. ベイビー・カムバック(ムーンライダース)
  7. 日射病(ココナツ・バンク)
  8. 無頼横町(ココナツ・バンク)
  9. ねこ(吉田美奈子)
  10. 週末(吉田美奈子)
  11. 変奏(吉田美奈子)

クレジット編集

  • ライナーノーツ : 浜野サトル

“CITY-Last Time Around”セットリスト編集

出演者 曲目 メンバー
南佳孝 1. 風にさらわれて**
2. 酔泥天使**
3. 摩天楼のヒロイン**
4. ピストル**
※ライヴ盤収録曲
南佳孝 : Vocal, Piano
矢野誠 : Strings Arrange
吉田美奈子 1. ねこ**
2. 週末**
3. 変奏**
※ライヴ盤収録曲
吉田美奈子 : Vocal & Strings Arrange
西岡恭蔵 1. プカプカ
2. 春一番*
3. サーカスにはピエロが
4. 街行き村行き*
西岡恭蔵 : Vocal, Acoustic Guitar
林敏明 : Drums
田中章弘 : Electric Bass
武川雅寛 : Violin
駒沢裕城 : Steel Guitar
岡田徹 : Piano
松田幸一 : Mouth Harp
ココナツ・バンク 1. 日射病**
2. 無頼横丁**
3. お早う眠り猫君***
4. 冷たい女(布谷文夫 & ココナツ・バンク)*** ****
伊藤銀次 : Vocal, Electric Guitar
駒沢裕城 : Steel Guitar
藤本雄志 : Electric Bass
上原裕 : Drums
シュガー・ベイブ : Chorus
 
大滝詠一 : Produce
大滝詠一 & ココナツ・バンク CM作品フィルム上映:アシアシ〜サマーローション(手違いで他人の曲のフィルムが流れる)〜ココナツ・コーン
1. 空飛ぶ・ウララカ・サイダー*
2. ココナツ・ホリディ*
大滝詠一 : Vocal, Electric Guitar
伊藤銀次 : Chorus, Electric Guitar
駒沢裕城 : Chorus, Steel Guitar
藤本雄志 : Electric Bass
上原裕 : Drums
シュガー・ベイブ山下達郎大貫妙子村松邦男、小宮やすゆう : Chorus
シンガーズ・スリー : Chorus
野口明彦、鰐川己久男 : Percussion
ムーンライダース 1. ベイビー・カム・バック**
2. 月夜のドライブ**
3. 大寒町
4. (曲目不詳)
山本浩美 : Vocals & Electric Guitar
鈴木順 : Electric Guitar
鈴木博文 : Electric Bass
矢野誠 : Keyboards, Brass Arrange
松本隆 : Drums & Produce
キャラメル・ママ 1. アヤのバラード
2. CARAMEL RAG
3. さよなら通り三番地
4. 僕は一寸
細野晴臣 : Electric Bass, Vocal
松任谷正隆 : Keyboards
林立夫 : Drums
鈴木茂 : Electric Guitar, Vocal
はっぴいえんど 1. 田舎道
2. 氷雨月のスケッチ*
3. 夏なんです*
4. はいからはくち*
5. 12月の雨の日*
6. かくれんぼ*
7. 抱きしめたい*
 
アンコール
1. 春よ来い*
大滝詠一 : Vocal, Guitar
細野晴臣 : Vocal, Electric Bass
鈴木茂 : Vocal, Electric Guitar
松本隆 : Drums
 
鈴木慶一 : Piano
* 『ライブ!! はっぴいえんど』に収録
** 『1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出』に収録
*** 『MORE MORE NIAGARA FALL STARS “NIAGARA RARE MASTERS SERIES Vol.3”』(1981年12月2日 (1981-12-02)発売 NIAGARACBS/SONY LP:00AH 1389)に収録
**** 『DAWN IN NIAGARA “NIAGARA RARE MASTERS SERIES Vol.4”』(1986年6月1日 (1986-06-01)発売 NIAGARA ⁄ CBS/SONY CD:00DH 407)に収録

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 後に鈴木慶一を中心とする“ムーンライダーズ”とは、メンバーに鈴木博文が参加している以外は、破線でつながる程度。
  2. ^ 南佳孝『摩天楼のヒロイン』 1973年9月21日 (1973-09-21)発売 SHOW BOAT ⁄ TRIO LP:3A-1005
  3. ^ 吉田美奈子扉の冬』 1973年9月21日 (1973-09-21)発売 SHOW BOAT ⁄ TRIO LP:3A-1004
  4. ^ 大滝詠一とココナツ・バンク、西岡恭蔵ライブ・アルバムライブ!! はっぴいえんど』(1974年1月15日 (1974-01-15)発売 BellwoodKING LP:OFL-20)に収録、キャラメル・ママはいずれにも未収録。
  5. ^ はちみつぱい『センチメンタル通り』 1973年11月25日 (1973-11-25)発売 Bellwood ⁄ KING LP:OFL-16
  6. ^ ナイアガラ・トライアングル大滝詠一山下達郎伊藤銀次)『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』 1976年3月25日 (1976-03-25)発売 NIAGARACOLUMBIA LP:LQ-7001

出典編集

  1. ^ a b 伊藤銀次「MUSICIAN FILE 伊藤銀次徹底研究」『ミュージック・ステディ』第3巻第3号、ステディ出版、1983年8月20日、 115-146頁。“Talking About My Songs”