1987年アイスホッケー世界選手権

1987年アイスホッケー世界選手権(第52回アイスホッケー世界選手権)は、28ヶ国が4つのレベルに分けて争われた。またこの大会は第63回アイスホッケー欧州選手権も兼ねて行われている。

ディビジョンAは4月17日から5月3日までオーストリアウィーンで行われた。各チームはそれぞれ1回ずつ総当たり戦を行い、上位4チームがトーナメントではなく総当たり戦で優勝を争った。1次リーグの結果は持ち越さなかった。世界選手権はスウェーデンが4回目の優勝、欧州選手権はヨーロッパ諸国同士の成績で争われたがソビエト連邦ロシア語版が25回目の優勝を果たした。スイスがディビジョンBに陥落することとなった。

ディビジョンBではポーランドがディビジョンAに昇格、オランダ中国がディビジョンCに降格することとなった。

ディビジョンCではデンマーク日本がディビジョンBに昇格、ベルギールーマニア[1]がディビジョンDに降格した。

ディビジョンDではオーストラリア韓国がディビジョンCに昇格した。

第52回世界選手権編集

順位
優勝   スウェーデン
2位   ソビエト連邦
3位   チェコスロバキア
4位   カナダ
5位   フィンランド
6位   ドイツ
7位   アメリカ合衆国
8位   スイス

第63回欧州選手権編集

順位
優勝   ソビエト連邦
2位   チェコスロバキア
3位   フィンランド
4位   スウェーデン
5位   ドイツ
6位   スイス

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 経済的理由で降格した。