1989年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

メジャーリーグベースボールの第21回アメリカンリーグ優勝決定シリーズ

1989年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月3日に開幕した。アメリカンリーグの第21回リーグチャンピオンシップシリーズ英語: 21st American League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、同日から8日にかけて計5試合が開催された。その結果、オークランド・アスレチックス西地区)がトロント・ブルージェイズ東地区)を4勝1敗で下し、2年連続14回目のリーグ優勝および13回目のワールドシリーズ進出を果たした。

1989年アメリカンリーグ
チャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
オークランド・アスレチックス 4
トロント・ブルージェイズ 1
シリーズ情報
試合日程 10月3日–8日
観客動員 5試合合計:24万9247人
1試合平均:04万9849人
MVP リッキー・ヘンダーソン(OAK)
殿堂表彰者 トニー・ラルーサ(OAK監督)
デニス・エカーズリー(OAK投手)
リッキー・ヘンダーソン(OAK外野手)
パット・ギリック(TOR GM)
フレッド・マグリフ(TOR内野手)
チーム情報
オークランド・アスレチックス(OAK)
シリーズ出場 2年連続8回目
GM サンディ・アルダーソン
監督 トニー・ラルーサ
シーズン成績 99勝63敗・勝率.611
西地区優勝

トロント・ブルージェイズ(TOR)
シリーズ出場 4年ぶり2回目
GM パット・ギリック
監督 シト・ガストン
シーズン成績 89勝73敗・勝率.549
東地区優勝

 < 1988
ALCS
1989

1990 > 

 < 1988
NLCS
1989

1990 > 
ワールドシリーズ

両球団がリーグ優勝決定戦で対戦するのはこれが初めて。この年のレギュラーシーズンでは両球団は12試合対戦し、アスレチックスが7勝5敗と勝ち越していた[1]。この年途中、ブルージェイズは本拠地球場をエキシビション・スタジアムからスカイドームへ移している。今シリーズ第3戦は球場史上初めてのポストシーズン試合であり[2]、開催都市の歴史上最多の観客を集めた野球の試合となった[3]。この試合はブルージェイズが勝利したものの、他の試合は全てアスレチックスが制した。シリーズMVPには、第2戦で4盗塁を決め第4戦で2点本塁打を2本放つなど、5試合で打率.400・2本塁打・5打点OPS 1.609・8盗塁という成績を残したアスレチックスのリッキー・ヘンダーソンが選出された。1シリーズ8盗塁はポストシーズン新記録である[注 1][4]。このあとアスレチックスは、ワールドシリーズでもナショナルリーグ王者サンフランシスコ・ジャイアンツを4勝0敗で下し、15年ぶり9度目の優勝を成し遂げた。

試合結果編集

1989年のアメリカンリーグ優勝決定戦は10月3日に開幕し、途中に移動日を挟んで6日間で5試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月03日(火) 第1戦 トロント・ブルージェイズ 3-7 オークランド・アスレチックス オークランド・アラメダ・
カウンティ・コロシアム
10月04日(水) 第2戦 トロント・ブルージェイズ 3-6 オークランド・アスレチックス
10月05日(木) 移動日
10月06日(金) 第3戦 オークランド・アスレチックス 3-7 トロント・ブルージェイズ スカイドーム
10月07日(土) 第4戦 オークランド・アスレチックス 6-5 トロント・ブルージェイズ
10月08日(日) 第5戦 オークランド・アスレチックス 4-3 トロント・ブルージェイズ
優勝:オークランド・アスレチックス(4勝1敗 / 2年連続14度目)

第1戦 10月3日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
トロント・ブルージェイズ 0 2 0 1 0 0 0 0 0 3 5 1
オークランド・アスレチックス 0 1 0 0 1 3 0 2 X 7 11 0
  1. デーブ・スチュワート(1勝)  デーブ・スティーブ(1敗)  
  2. 本塁打
    TOR:アーニー・ウィット1号ソロ
    OAK:デーブ・ヘンダーソン1号ソロ、マーク・マグワイア1号ソロ
  3. 審判
    [球審]デーブ・フィリップス
    [塁審]一塁: ダン・モリソン、二塁: デイル・フォード、三塁: デリル・カズンズ
    [外審]左翼: リック・リード、右翼: スティーブ・パレルモ
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時26分 試合時間: 2時間52分 観客: 4万9435人 気温: 65°F(18.3°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
トロント・ブルージェイズ オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・モスビー 1 R・ヘンダーソン
2 M・ウィルソン 2 C・ランスフォード
3 F・マグリフ 3 J・カンセコ
4 G・ベル 4 DH D・パーカー
5 T・フェルナンデス 5 D・ヘンダーソン
6 E・ウィット 6 M・マグワイア
7 K・グルーバー 7 T・スタインバック
8 DH L・マジーリ 8 T・フィリップス
9 N・リリアーノ 9 M・ガイエゴ
先発投手 投球 先発投手 投球
D・スティーブ D・スチュワート

第2戦 10月4日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
トロント・ブルージェイズ 0 0 1 0 0 0 0 2 0 3 5 1
オークランド・アスレチックス 0 0 0 2 0 3 1 0 X 6 9 1
  1. マイク・ムーア(1勝)  トッド・ストットルマイヤー(1敗)  Sデニス・エカーズリー(1S)  
  2. 本塁打
    OAK:デーブ・パーカー1号ソロ
  3. 審判
    [球審]ダン・モリソン
    [塁審]一塁: デイル・フォード、二塁: デリル・カズンズ、三塁: リック・リード
    [外審]左翼: スティーブ・パレルモ、右翼: デーブ・フィリップス
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後0時10分 試合時間: 3時間20分 観客: 4万9444人 気温: 66°F(18.9°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
トロント・ブルージェイズ オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・モスビー 1 R・ヘンダーソン
2 M・ウィルソン 2 C・ランスフォード
3 F・マグリフ 3 DH D・パーカー
4 G・ベル 4 M・マグワイア
5 T・フェルナンデス 5 D・ヘンダーソン
6 E・ウィット 6 R・ハッシー
7 K・グルーバー 7 T・フィリップス
8 DH L・マジーリ 8 S・ハビアー
9 N・リリアーノ 9 W・ワイス
先発投手 投球 先発投手 投球
T・ストットルマイヤー M・ムーア

第3戦 10月6日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オークランド・アスレチックス 1 0 1 1 0 0 0 0 0 3 8 1
トロント・ブルージェイズ 0 0 0 4 0 0 3 0 X 7 8 0
  1. ジミー・キー(1勝)  ストーム・デービス(1敗)  
  2. 本塁打
    OAK:デーブ・パーカー2号ソロ
  3. 審判
    [球審]デイル・フォード
    [塁審]一塁: デリル・カズンズ、二塁: リック・リード、三塁: スティーブ・パレルモ
    [外審]左翼: デーブ・フィリップス、右翼: ダン・モリソン
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後7時22分 試合時間: 2時間54分 観客: 5万268人
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス トロント・ブルージェイズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 R・ヘンダーソン 1 L・モスビー
2 C・ランスフォード 2 M・ウィルソン
3 J・カンセコ 3 F・マグリフ
4 M・マグワイア 4 DH G・ベル
5 D・ヘンダーソン 5 T・フェルナンデス
6 T・スタインバック 6 E・ウィット
7 DH D・パーカー 7 K・グルーバー
8 T・フィリップス 8 M・リー
9 M・ガイエゴ 9 J・フェリックス
先発投手 投球 先発投手 投球
S・デービス J・キー

第4戦 10月7日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  リッキー・ヘンダーソンが3回表と5回表に2点本塁打を放ち、アスレチックスの6得点中4打点を稼ぐ(2分1秒)
  3回表、ホセ・カンセコのソロ本塁打でアスレチックスが3点目を挙げる(55秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オークランド・アスレチックス 0 0 3 0 2 0 1 0 0 6 11 1
トロント・ブルージェイズ 0 0 0 1 0 1 1 2 0 5 13 0
  1. ボブ・ウェルチ(1勝)  マイク・フラナガン(1敗)  Sデニス・エカーズリー(2S)  
  2. 本塁打
    OAK:リッキー・ヘンダーソン1号2ラン・2号2ラン、ホセ・カンセコ1号ソロ
  3. 審判
    [球審]デリル・カズンズ
    [塁審]一塁: リック・リード、二塁: スティーブ・パレルモ、三塁: デーブ・フィリップス
    [外審]左翼: ダン・モリソン、右翼: デイル・フォード
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後1時20分 試合時間: 3時間29分 観客: 5万76人
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス トロント・ブルージェイズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 R・ヘンダーソン 1 L・モスビー
2 D・ヘンダーソン 2 M・ウィルソン
3 J・カンセコ 3 F・マグリフ
4 M・マグワイア 4 DH G・ベル
5 DH T・スタインバック 5 T・フェルナンデス
6 T・フィリップス 6 E・ウィット
7 R・ハッシー 7 K・グルーバー
8 M・ガイエゴ 8 M・リー
9 W・ワイス 9 J・フェリックス
先発投手 投球 先発投手 投球
B・ウェルチ M・フラナガン

第5戦 10月8日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  9回裏、デニス・エカーズリーがジュニオール・フェリックスを空振り三振に仕留めて試合終了、アスレチックスのリーグ連覇が決定(1分33秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オークランド・アスレチックス 1 0 1 0 0 0 2 0 0 4 4 0
トロント・ブルージェイズ 0 0 0 0 0 0 0 1 2 3 9 0
  1. デーブ・スチュワート(2勝)  デーブ・スティーブ(2敗)  Sデニス・エカーズリー(3S)  
  2. 本塁打
    TOR:ロイド・モスビー1号ソロ、ジョージ・ベル1号ソロ
  3. 審判
    [球審]リック・リード
    [塁審]一塁: スティーブ・パレルモ、二塁: デーブ・フィリップス、三塁: ダン・モリソン
    [外審]左翼: デイル・フォード、右翼: デリル・カズンズ
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後4時35分 試合時間: 2時間52分 観客: 5万24人
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス トロント・ブルージェイズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 R・ヘンダーソン 1 L・モスビー
2 T・フィリップス 2 M・ウィルソン
3 J・カンセコ 3 F・マグリフ
4 DH D・パーカー 4 DH G・ベル
5 D・ヘンダーソン 5 T・フェルナンデス
6 M・マグワイア 6 E・ウィット
7 T・スタインバック 7 K・グルーバー
8 W・ワイス 8 J・フェリックス
9 M・ガイエゴ 9 N・リリアーノ
先発投手 投球 先発投手 投球
D・スチュワート D・スティーブ

脚注編集

注釈編集

  1. ^ それまでの最多記録は、1967年1968年ワールドシリーズセントルイス・カージナルスルー・ブロックが記録した7盗塁。

出典編集

  1. ^ "1989 Oakland Athletics Schedule," Baseball-Reference.com. 2021年4月3日閲覧。
  2. ^ M.E. Anderson, "The SkyDome, a/k/a Rogers Centre, turns 25," Sporting News, June 5, 2014. 2021年4月3日閲覧。
  3. ^ Mike Tully, UPI National Baseball Writer, "Blue Jays 7, Athletics 3," UPI Archives, October 9, 1989. 2021年4月3日閲覧。
  4. ^ Malcolm Moran, "Dazzling, Daring A's Win Crown," The New York Times, October 9, 1989. 2021年4月3日閲覧。

外部リンク編集