ルイス・クラーク・ブロックLouis Clark "Lou" Brock1939年6月18日 - )は、アメリカ合衆国アーカンソー州エル・ドレード出身の元プロ野球選手外野手)。

ルー・ブロック
Lou Brock
Newloubrockprofile.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アーカンソー州エル・ドレード
生年月日 (1939-06-18) 1939年6月18日(80歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1960年
初出場 1961年9月10日
最終出場 1979年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1985年
得票率 79.75%
選出方法 BBWAA[:en]選出

息子のルー・ブロックJr.英語版は元NFL選手である。

経歴編集

少年時代編集

ブロックは1939年6月18日アーカンソー州エル・ドレードの農家に生まれたが、2歳の時にルイジアナ州コリンストン村に家族で移住。幼少期は貧しい中での生活だったという。 少年時代はブルックリン・ドジャースジャッキー・ロビンソンら黒人選手の活躍でファンになり、その後野球を志した。

大学時代編集

その後、実家にほど近いマールージュ高校を卒業後、バトンルージュサザン・ユニバーシティに進学するが、自身の成績が低いためにスカラシップが取れず、野球推薦で入学した逸話がある。

進学後、最初の年度は打率.189という成績だったが、翌年は改善して打率.500をマークして注目され、1959年の大学全米代表メンバーの一人に選出される。これで自信をつけたブロックはメジャーリーグへの入団を決め、セントルイス・カージナルスのトライアウトに挑戦するが、当時のカージナルスのスカウトの勧めもあり、シカゴ・カブスのトライアウトに参加、そしてアマチュア・フリーエージェントとして1960年にカブスと契約する。

マイナーチーム~カブス時代(1960年 - 1964年)編集

 
カブス時代のブロック(1964年)

カブスとの契約後、まずはマイナーチームで始動することになり、初年度の1961年セントクラウド・ロックス(ミネソタ州セントクラウド)にてプレーし、打率.361の高打率をマークする。

カブス陣営もブロックの高打率を聞いて昇格を決め、同年シーズン終盤に入った1961年9月10日にカブスに昇格してメジャーデビューを果たす。翌1962年からレギュラーとしてメジャーに定着し、同年はポロ・グラウンズでのニューヨーク・メッツ戦で歴代4人しかいないというセンターフィールドに叩き込むホームランを放っている。

もっとも、主だったのはブロックの俊足であるが、当時のカブス陣営にはあまり注目されず、続く1963年のシーズンを通して打率.260[1]しか挙げられなかったこともあり、1964年6月15日にジャック・スプリングポール・トスとともに、アーニー・ブロリーオダグ・クレメンス、そして1952年のMVPでゴールドグラブ賞8度のボビー・シャンツとのトレードセントルイス・カージナルスに移籍することとなった。

カージナルス時代(1964年 - 1979年)編集

移籍後、ブロックは左翼手にコンバートされ、好成績を挙げる。1964年シーズンは打率.348をマークすることになり、同年カージナルスはリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズにも出場、相手となったニューヨーク・ヤンキースを破りワールドチャンピオンに輝き、自身もシーズンMVPの第10位にランクされた[2]

持ち前の俊足をさらに活かすようになり、1966年には74盗塁で初の盗塁王に輝く。その後1974年までの9年間のうち8度盗塁王に輝く[3]

1967年は開幕4試合で5本塁打を挙げ、前半戦.328の好成績で同年のオールスターゲームに出場、その後スランプに、終盤までに立て直して同シーズンはキャリアハイの打率.299、206安打をマークした。その勢いでチームはリーグ優勝を果たし、同年のワールドシリーズにてボストン・レッドソックスを迎え撃ち、これを破って自身2度目のワールドシリーズ優勝を果たす。

1968年も最多三塁打を挙げるなど好成績を収めて、三度目のワールドシリーズに出場、デトロイト・タイガースを迎え撃ちチームは第4戦までに3勝1敗と、あと1勝でワールドチャンピオンとなるところだった。その第5戦の5回、ブロックは二塁打で進塁し、後続のジュリアン・ジェイヴィアのヒットでホームに帰塁するところを、タイガースのレフト・ウィリー・ホートンの好返球でタッチアウトとなり、このプレーでタイガースに勢いを盛り返されてシリーズに敗れてしまう。そんな敗戦であったが、同年シーズンオフにブロックは日米野球でカージナルスの一員として来日、後楽園球場でホームランを放っている。

1974年モーリー・ウィルスがもつシーズン104盗塁を破る、シーズン118盗塁という当時のMLB記録を樹立[4]1975年5月27日にはサイクルヒットを達成するが、同年連続盗塁王の記録が途絶える。1977年にはタイ・カッブが持つ通算892盗塁を破る。

1979年8月13日に史上14人目の3000本安打を達成。この3000本安打はピッチャー強襲の内野安打で、さながら俊足のブロックらしいといえる3000本安打達成だった。同年のシーズンを最後に現役を引退するが、最後のシーズンで打率.304を挙げている。

 
ブロックのカージナルス在籍時の背番号「20」。
セントルイス・カージナルスの永久欠番1979年指定。

その引退とともにブロックの背番号20』はカージナルスの永久欠番に指定された。通算938盗塁の記録は引退後、1983年に日本の福本豊1991年にリッキー・ヘンダーソンに抜かれるまで世界記録だった。

引退後編集

 
カージナルス特別アドバイザーとして現場に立つ(2005年のスプリング・トレーニングにて)

引退後はセントルイスを中心に生花店を経営するほか、解説者活動や古巣カージナルスの特別アドバイザーを務める。1985年、資格取得1年目で野球殿堂入り。

2015年11月11日、糖尿病の悪化に伴い、左脚の一部を切断する手術を受けたことが報じられた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1961 CHC 4 12 11 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .091 .167 .091 .258
1962 123 477 434 73 114 24 7 9 179 35 16 7 0 5 35 4 3 96 5 .263 .319 .412 .731
1963 148 588 547 79 141 19 11 9 209 37 24 12 2 4 31 2 4 122 2 .258 .300 .382 .682
1964 52 231 215 30 54 9 2 2 73 14 10 3 1 0 13 0 2 40 3 .251 .300 .340 .640
STL 103 464 419 81 146 21 9 12 221 44 33 15 12 4 27 0 2 87 2 .348 .387 .527 .915
'64計 155 695 634 111 200 30 11 14 294 58 43 18 13 4 40 0 4 127 5 .315 .358 .464 .821
1965 155 697 631 107 182 35 8 16 281 69 63 27 11 0 45 6 10 116 2 .288 .345 .445 .791
1966 156 678 643 94 183 24 12 15 276 46 74 18 0 1 31 6 3 134 7 .285 .320 .429 .749
1967 159 724 689 113 206 32 12 21 325 76 52 18 2 3 24 6 6 109 6 .299 .327 .472 .799
1968 159 712 660 92 184 46 14 6 276 51 62 12 1 2 46 7 3 124 4 .279 .328 .418 .746
1969 157 710 655 97 195 33 10 12 284 47 53 14 2 1 50 15 2 115 2 .298 .349 .434 .782
1970 155 729 664 114 202 29 5 13 280 57 51 15 1 3 60 12 1 99 10 .304 .361 .422 .783
1971 157 721 640 126 200 37 7 7 272 61 64 19 1 2 76 5 1 107 5 .313 .385 .425 .810
1972 153 676 621 81 193 26 8 3 244 42 63 18 3 3 47 12 1 93 6 .311 .359 .393 .752
1973 160 727 650 110 193 29 8 7 259 63 70 20 1 5 71 15 0 112 9 .297 .364 .398 .762
1974 153 702 635 105 194 25 7 3 242 48 118 33 2 1 61 16 2 88 8 .306 .368 .381 .749
1975 136 574 528 78 163 27 6 3 211 47 56 16 3 0 38 6 3 64 7 .309 .359 .400 .758
1976 133 544 498 73 150 24 5 4 196 67 56 19 4 6 35 7 1 75 19 .301 .344 .394 .738
1977 141 521 489 69 133 22 6 2 173 46 35 24 0 0 30 2 2 74 6 .272 .317 .354 .670
1978 92 317 298 31 66 9 0 0 75 12 17 5 1 1 17 2 0 29 4 .221 .263 .252 .514
1979 120 436 405 56 123 15 4 5 161 38 21 12 0 5 23 1 3 43 7 .304 .342 .398 .739
MLB:19年 2616 11240 10332 1610 3023 486 141 149 4238 900 938 307 47 46 761 124 49 1730 114 .293 .343 .410 .753
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

  • 盗塁王:8回(1966年 - 1969年、1971年 - 1974年)

表彰編集

記録編集

  • オールスター出場:6回(1967年、1971年、1972年、1974年、1975年、1979年)
  • 通算盗塁数:938(歴代2位)
  • シーズン盗塁数:118(歴代2位)

脚注編集

  1. ^ 1962年は.263、1963年は.258
  2. ^ 一方、トレード相手だったブロリーオは移籍後3年間で7勝19敗に終わり1966年を最後に現役引退、カブスの期待を大きく裏切った。このトレードはカブス史上最悪のトレードのひとつとされ、現在でもトレード失敗例としてよく取り上げられる。
  3. ^ 1970年のみ、チームメイトのボビー・トーランが盗塁王になった。
  4. ^ 1982年に[リッキー・ヘンダーソン]]が130盗塁を挙げて記録を更新。

関連項目編集

外部リンク編集