メインメニューを開く

2018年マレーシア下院議員選挙

2018年マレーシア総選挙から転送)

2018年マレーシア下院議員選挙(en:Malaysian general election, 2018)は、2018年5月9日に投開票されたマレーシア下院(代議員)の選挙。州議会議員選挙も12州で行われた[1]

2018年4月6日にナジブ・ラザク首相が下院(任期は6月24日まで)の7日の解散を発表[2]

開票の結果、マレーシア初の政権交代が実現、野党連合は、消費税導入や生活費上昇への不満も高めていたマレー系の政権批判票の受け皿となった [1]

結果編集

政党連合 議席数
希望連盟(PH) 5,781,600 122
国民戦線 (BN) 4,080,797 79
和諧戦線 (GS) 2,051,188 18
その他 ... ...

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b マレーシア初 政権交代へ”. しんぶん赤旗 (2018年5月11日). 2018年5月12日閲覧。
  2. ^ マレーシア下院解散へ ナジブ首相対マハティール元首相”. 日本経済新聞 (2018年4月6日). 2018年5月23日閲覧。

関連項目編集