2021年の北アメリカの熱波

本項では、2021年に太平洋岸北西部カナダ西部を襲った熱波について解説する[1]

太平洋岸北西部における2021年6月27日の気温の2014年~2020年の同日の平均値からの乖離。
6月28日時点の天気図。画像左側の高気圧によってヒートドームが生じている。

2021年6月末、カナダ環境省は、ブリティッシュコロンビア州、アルバータ州、ならびサスカチュワン州ノースウエスト準州ユーコン準州の一部に熱波警報を発令した[2]。また、アメリカ合衆国においてもワシントン州やオレゴン州の多くの地域にて同様の警報が出された[3]

猛暑の影響で少なくとも数百人が死亡している[4]。ブリティッシュコロンビア州の主任検視官リサ・ラポワントはBBCの取材に対し、換気口のない家で一人暮らしをしている人が亡くなるケースが多かったと話している[5]。熱波が襲った地域の多くは冷涼な気候であることからエアコンのない家庭が多く、電機店でエアコンや扇風機が売り切れる事態が相次いだ[6][7][8]。また、一部の地域ではエアコンの効いたクーリングセンターが用意された[7]。新型コロナウイルスのワクチン接種が中止されるケースもあった[7]

この猛暑は、上空の高気圧が暖かい空気を閉じ込める「ヒートドーム」によって生じている[9][10][11]

2021年7月7日、欧米の大学や気象機関の研究者27人で構成された国際チームは、この熱波が人為的な気候変動が原因であるという報告をまとめた[11]

カナダ編集

ブリティッシュコロンビア州編集

ブリティッシュコロンビア州にあるリットン村では49.6℃という記録的な暑さを2021年6月29日に記録し[12]山火事によって壊滅的な被害を被った[5][11][13]

生態系および動物の行動にも影響がが出ており、同州のコキットラムではクマの親子が民家のプールに涼みに来た[14][9]。また、2021年7月上旬にはムール貝をはじめとする大量の貝類が死亡しており、この現象を発見したクリストファー・ハーリー(ブリティッシュコロンビア大学動物学部)は、約10億匹の生物が死亡したと推測している[15]。ハーリーは、水面の温度が51.7度になっていたことを指摘しており、この時期の干潮の時刻が日中の最も暑い時間帯と重複するため、浅瀬の生物たちが満潮までに生き延びることができなかったのだろうとみている[15]

アメリカ合衆国編集

アラスカ州編集

カナダとの国境に位置するアラスカ州ジュノーでは、2021年6月28日夜と30日夜(いずれも現地時間)に氷震が発生しており、この猛暑と関連があるとみられている[16]。 また、同州アンカレッジは7月4日の気温が31.6℃を記録した[17]

カリフォルニア州編集

カリフォルニア州タホ湖では、大勢の人々がいるなかで、クマの親子が涼みに来た[18]。 また、デスバレーでは7月11日に54℃の気温を記録した[19]

オレゴン州編集

オレゴン州ポートランドでは、2021年6月25日から気温が上昇しはじめ、6月26日には42.2度、27日には44.4度、そして28日には46.7度[20]と3日連続で最高記録を更新した[21]。 オレゴン州在住のフリーライター・東リカは時事通信に寄せた記事の中で、通常のオレゴン州の気候は、夏でも夜になると気温が下がることに加え、湿度が低いことから、日中でも日陰に入ればそこまで暑くはならないとされている[21]。以上のことから、ポートランドではエアコンがない家庭も多く[21]、この暑さでエアコンや扇風機、さらには氷の品切れが相次いだ[8]。飲食店や市民サービスへの影響も出てきており、ライトレールの一種であるストリートカーのケーブルが溶ける事態も発生してる[22][8]。また、朝日新聞によると、熱波によって空気が乾燥し、森林火災が広がりやすくなっているという指摘があるとされている[20]

ワシントン州編集

ワシントン州シアトルでは、6月27日に40℃を記録し、最高記録を塗り替えた[9]

脚注編集

  1. ^ Western Canada heat wave expected to break daily, all-time temperature records.”. Canadian Broadcasting Corporation. 2021年7月2日閲覧。
  2. ^ “カナダ、記録的な高温で70人近い死者 3日連続で最高気温を更新”. BBCニュース. https://www.bbc.com/japanese/57661374 2021年7月3日閲覧。 
  3. ^ 北米で記録的熱波 カナダは46.6度、干ばつや山火事懸念”. 日本経済新聞 (2021年6月29日). 2021年7月3日閲覧。
  4. ^ “Canada heatwave: Hundreds of sudden deaths recorded” (英語). BBC News. (2021年7月1日). https://www.bbc.com/news/world-us-canada-57668738 2021年7月2日閲覧。 
  5. ^ a b カナダ、最高気温を記録した村で山火事 「90%が焼失」”. BBCニュース (2021年7月2日). 2021年7月3日閲覧。
  6. ^ 北米で記録的熱波 カナダは46.6度、干ばつや山火事懸念”. 日本経済新聞 (2021年6月29日). 2021年7月3日閲覧。
  7. ^ a b c “米北西部とカナダ、熱波で記録的猛暑 高温警報を発令”. BBCニュース. (2021年6月28日). https://www.bbc.com/japanese/57633496 2021年7月3日閲覧。 
  8. ^ a b c 熱波に襲われた米ポートランドの猛暑体験リポート”. 時事ドットコム (2021年7月2日). 2021年7月24日閲覧。
  9. ^ a b c 暑さでプールに珍客? カナダと米・北西部で記録的熱波、40度超え”. TBS NEWS (2021年6月29日). 2021年7月3日閲覧。
  10. ^ 増水に熱波...突然死も急増 アメリカやカナダで異変が”. FNNプライムオンライン (2021年6月30日). 2021年7月14日閲覧。
  11. ^ a b c カナダで49.6度 熱波は「人為的な気候変動が要因」 論文発表へ”. 毎日新聞 (2021年7月8日). 2021年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月14日閲覧。
  12. ^ “Canicule historique au Canada : le village aux 49,6 °C détruit par le feu” (フランス語). Le Monde.fr. (2021年7月2日). https://www.lemonde.fr/climat/article/2021/07/02/canicule-historique-au-canada-le-village-aux-49-6-c-detruit-par-un-incendie_6086626_1652612.html 2021年7月2日閲覧。 
  13. ^ 猛暑のカナダ西部、山火事が170件以上発生 避難支援で軍が待機” (日本語). BBCニュース (2021年7月5日). 2021年7月14日閲覧。
  14. ^ 猛暑のカナダ、クマの親子がプールで涼む”. BBCニュース (2021年6月30日). 2021年7月3日閲覧。
  15. ^ a b カナダ西岸、記録的熱波でムール貝が大量死”. CNN.co.jp (2021年7月11日). 2021年7月14日閲覧。
  16. ^ 熱波のアラスカで「氷震」が発生...珍しい自然現象の仕組みを解説”. Newsweek日本版 (2021年7月2日). 2021年7月3日閲覧。
  17. ^ アラスカを覆う異常気象、アンカレジで31度を記録”. CNN.co.jp. 2021年7月14日閲覧。
  18. ^ 暑いのはクマも同じ、親子でプール訪れ水泳 人の多いビーチにも出没 北米”. CNN.co.jp. 2021年7月3日閲覧。
  19. ^ Staff, Reuters (2021年7月12日). “米デスバレーで気温54度、過去最高に迫る 西部襲う熱波で”. Reuters. https://jp.reuters.com/article/usa-weather-heatwave-idJPKBN2EI049 2021年7月14日閲覧。 
  20. ^ a b 「100年に1度」の洪水も 世界各地で異常気象が発生:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2021年7月22日). 2021年7月24日閲覧。
  21. ^ a b c 熱波に襲われた米ポートランドの猛暑体験リポート”. 時事ドットコム (2021年7月2日). 2021年7月24日閲覧。
  22. ^ Choi, Joseph (2021年6月29日). “Portland streetcar service suspended amid heat wave due to melting cables” (英語). TheHill. 2021年7月24日閲覧。