707年の日本では、707年日本の出来事・流行・世相などについてまとめる。

他の紀年法編集

国家機関編集

 
 
 
 
文武天皇(7/18崩御)
元明天皇(8/18即位)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知太政官事
穂積親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左大臣
欠員
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
右大臣
石上麻呂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大納言
藤原不比等
大伴安麻呂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中納言
粟田真人
高向麻呂
阿倍宿奈麻呂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参議
下毛野古麻呂
小野毛野

政治編集

文武天皇が崩御し、皇子の首親王(のちの聖武天皇)が幼少であったので、母の阿閇皇女が即位した(元明天皇)。新天皇の下で、引き続き慶雲の改革が行われた。

  • 6月3日 - 全国が飢餓にあったことに鑑み、物を恵み与えることを詔した。
  • 7月18日 - 文武天皇崩御。阿閇皇女称制。
  • 8月18日 - 元明天皇即位。
    • 即位に当たり、大赦を行った。また、畿内大宰府管内に当年分の調を、全国に当年分のを免除した。
  • 12月10日 - 文武天皇大葬。

自然編集

  • 全国で疫病と飢饉があった。
  • 6月25日 - 畿内で長雨のため稲作に影響が出たことが朝廷に報告された。

文化編集

参考文献編集

関連項目編集