751年の日本では、751年日本の出来事・流行・世相などについてまとめる。

他の紀年法編集

国家機関編集

聖武上皇
 
 
孝謙天皇
 
 
皇太子
空位
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知太政官事
欠員
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左大臣
橘諸兄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
右大臣
藤原豊成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大納言
巨勢奈弖麻呂
藤原仲麻呂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中納言
紀麻路
多治比広足
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参議
大伴兄麿
橘奈良麻呂
石川年足
藤原八束
藤原清河

政治社会編集

  • 11月15日 - 上皇不例に着き、天下に大赦を行った[1]
  • 12月2日 - 詔により、天平勝宝元年(749年)以前の負債について、利子ともに免除した[2]

自然天文編集

  • 8月26日 - 日食があった[3]

文化芸術編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『続日本紀』天平勝宝3年10月23日
  2. ^ 『続日本紀』天平勝宝3年11月10日条
  3. ^ 『続日本紀』天平勝宝3年8月1日条

参考文献編集

関連項目編集