メインメニューを開く

99ep』(きゅうじゅうきゅうイーピー)は 日本のロックバンドスピッツの3曲入りEP。規格は12cmCD。1999年1月1日ポリドールより発売。初回盤のみ3面デジパック仕様。

99ep
スピッツEP
リリース
録音 1998年8月
ジャンル ポップ、ロック
時間
レーベル ポリドール
プロデュース スピッツ
チャート最高順位
  • 週間8位(オリコン
  • 登場回数7回(オリコン)
スピッツ アルバム 年表
フェイクファー
1998年
99ep
1999年
花鳥風月
1999年
テンプレートを表示

概要編集

  • 全曲セルフプロデュース作品。1998年のツアーからキーボードを担当していたクジヒロコがレコーディングに初参加した。
  • オリコン上はメンバーの意向により、アルバム扱いとなっている。
  • 収録された3曲は、リリースを前提としてレコーディングされたものではない。後に草野はこのCDについて「中途半端な作品となってしまった」と語っている。これ以降、海外レコーディングも含め、セルフプロデュースでリリースを前提としないレコーディングが続くが、それらは主にシングルのカップリングに収録されるようになる。それらの楽曲と共に、2004年発売のスペシャルアルバム『色色衣』に3曲が収録されたのを期に、本作は製造中止となった。
  • ジャケットに使用されている絵画は、歌川広重の「月に雁」と、葛飾北斎の「凱風快晴」。
  • 初回盤には、『おみくじ』と『特製ステッカー』が封入されている

収録曲編集

  1. ハイファイ・ローファイ (2:25)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツクジヒロコ
    1998年のツアー『JAMBOREE TOUR '98 “fake fur”』で披露されていた曲。エンジニアは『空の飛び方』からの付き合いである宮島哲博
  2. (4:01)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ & クジヒロコ
    水をイメージしたサウンドメイキングをしている。エンジニアは、インディーズの頃からの付き合いである牧野英司。2003年のBS-i放映ドラマ「恋する日曜日」セカンドシリーズ第5話『魚』の主題歌(主演:黒川芽以、監督:加藤章一、脚本:いずみ吉紘)。
  3. 青春生き残りゲーム (4:35)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ & クジヒロコ
    この曲も『JAMBOREE TOUR '98 “fake fur”』で披露されていた曲。エンジニアは宮島哲博。三輪テツヤのリードボーカルでレコーディングもされたが、そちらは未発表。仮タイトルは「キルト」。