ANGEL PARA BELLUM エンジェルパラベラム

ANGEL PARA BELLUM エンジェルパラベラム』は、原作:みなみケント、作画:環望による日本漫画作品。ウェブコミック誌FlexComixネクスト』(フレックスコミックス)にて2010年8月24日から2012年10月29日まで連載された。webマガジンサイトではepisode1 の音声コミックが公開されている。[1]

ストーリー編集

ある日、謎の男達に拉致された少年・ミツル。絶対のピンチの中、ミツルを助けに現われたのはふたりの天使だった。

登場人物編集

※声は+Voice(音声付コミック)版

ミツル
声 - 福圓美里
受肉天使の末裔。妹のミヤがいたがアセンションを前に誘拐されている。
ガブリエル
声 - 大原さやか
戦闘天使。ミツルを警護するのが役目。
アズラエル
声 - 甲斐田裕子
戦闘天使。ガブリエル同様にミツルを警護するのが役目。
ベヘモス
シトリー
声 - 藤原啓治
ミヤ
悪魔の盟主と化したミツルの妹。

用語編集

アセンション
進化を揺るがす大転換。
戦闘天使
人と合体し一つの存在となる"受肉"をする。天使にとっても悪魔にとっても禁忌。

単行本編集

  1. 2011年3月9日 ISBN 978-4-7973-6397-5
  2. 2011年9月8日 ISBN 978-4-7973-6682-2
  3. 2012年9月12日 ISBN 978-4-593-85703-6

脚注編集

外部リンク編集