AWA世界ヘビー級王座 (ボストン版)

この項目でのAWA世界ヘビー級王座(AWAせかいヘビーきゅうおうざ、The AWA World Heavyweight Championship)は、ボストンのプロモーターであるポール・バウザーが認定したプロレス世界ヘビー級王座である[1]

AWA世界ヘビー級王座 (ボストン版)
詳細
創立 February 21, 1928
廃止 November 1952
ファイナルチャンピオンチーフ・ドン・イーグル

タイトルはバウザーによって生み出されたが、これは1929年に元の世界ヘビー級レスリング選手権でガス・ソネンバーグに敗れたエド・ルイスのために[2]、ソネンバーグが同タイトルを管理していた世界ボクシング協会にチャンピオンとしての認定を剥奪されたためである。バウザーは引き続きソネンバーグをチャンピオンとして認定し、これまで実際には存在しなかった「アメリカン・レスリング・アソシエーション」の運営組織にちなんで彼のチャンピオンシップに名前を付けたが[3]、ジャック・カーリーを含むライバルのプロモーターらは、全米レスリング協会(旧NWA)を結成し[4](旧NWA)世界ヘビー級王座を認定することで対抗した[5]

ドン・イーグル (Chief_Don_Eagleの2度目の王者時代に、派生のタイトルはシカゴとオハイオの地域プロモーターによっても設立された。バウザーはイーグル王座時代後半にチャンピオンシップを封印したが、これは彼が1952年11月に負った怪我のために活動を停止したためである[6]

タイトル履歴編集

AWA世界ヘビー級選手権(ボストン版)編集

No. Champion Championship change Reign statistics Notes
Date Event Location Reign Days
1 エド・ルイス 1928年2月21日 ライブイベント ミズーリ州セントルイス 1 318 元のメインラインのタイトルでジョー・ステッカーを破る [1][2]
2 ガス・ソネンバーグ 1929年1月4日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 1 705 ルイスを破ったが、引続きルイスが世界王者に認定されたので、タイトルが発足。ただしナショナル・レスリング・アライアンス(以下、NWA)によって、実際の世界チャンピオンとして遡及的に認定を受け、系譜に載る [1]
3 エド・ダン・ジョージ 1930年12月10日 ライブイベント カリフォルニア州ロサンゼルス 1 125 NWAによって実際の世界チャンピオンとして遡及的に認定され、系譜に載る [1]
4 エド・ルイス 1931年4月14日 ライブイベント ロサンゼルス、カリフォルニア州 2 20 [1]
5 アンリ・デグレーヌ 1931年5月4日 ライブイベント ケベック州モントリオール 1 751 噛みつきとされる反則で勝利。ボストンとモントリオールでAWAチャンピオンとして認定されたがルイスはカリフォルニアでは認定されており、翌年にはニューヨーク州体育委員会の世界ヘビー級選手権でも優勝している。NWAによって実際の世界チャンピオンとして遡及的に認定され、系譜に載る [1]
6 エド・ダン・ジョージ 1933年2月9日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 2 901 NWAによって実際の世界チャンピオンとして遡及的に認定され、系譜に載るが、NWAの記録は1931年7月 [1]
7 ダノ・オマホニー 1935年7月30日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 1 352 タイトルは、世界ヘビー級王座とニューヨーク州体育委員会世界ヘビー級王座と統合され、統一世界ヘビー級王座(2冠)に。1936年3月2日にニューヨークでディック・シカットに敗れたが、AWA版はそのままチャンピオンとして認められ続けている。NWAによって実際の世界チャンピオンとして遡及的に認定され、系譜に載る [1]
8 イヴォン・ロバート 1936年7月16日 ライブイベント ケベック州モントリオール 1 531 [1]
9 ルー・テーズ 1937年12月29日 ライブイベント ミズーリ州セントルイス 1 44 ロバートはルー・テーズ戦を行わなかったために王者を剥奪。王座決定戦(MWA世界ヘビー級王座戦)でエベレット・マーシャルを破り、翌年AWAチャンピオンベルトが贈られた。NWAによって実際の世界チャンピオンとして遡及的に認定され、系譜に載る [1]
10 スティーブ・ケイシー 1938年2月11日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 1 384 MWAも掛かったタイトル戦で、これに勝利し二冠王になるが、MWAのほうは防衛戦を行わなかったとして剥奪される。NWAによって実際の世界チャンピオンとして遡及的に認定され、系譜に載る [1]
11 マーヴ・ウェステンバーグ 1939年3月2日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 1 14 [1]
12 ガス・ソネンバーグ 1939年3月16日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 2 13 [1]
13 スティーブ・ケイシー 1939年3月29日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 2 20 [1]
14 エド・ダン・ジョージ 1939年4月18日 ライブイベント ニューヨーク州アルバニー 3 199 [1]
15 スティーブ・ケイシー 1939年11月3日 ライブイベント ニューヨーク州バッファロー 3 183 [1]
16 フレンチ・エンジェル 1940年5月13日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 1 731 [1][7]
17 スティーブ・ケイシー 1942年5月13日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 4 810 [1]
18 フレンチ・エンジェル 1944年8月1日 ライブイベント カリフォルニア州サンフランシスコ 2 14 [1]
19 スティーブ・ケイシー 1944年8月15日 ライブイベント カリフォルニア州サンフランシスコ 5 253 ケーシーは米軍に。サンダー・ザボーがデュレーションワールドチャンピオンとして一連のエリミネーション試合から登場。ケーシーは1945年4月4日にマサチューセッツ州ボストンで行われた統一試合でサボーを破ったもの。 [1][8]
20 サンダー・ザボー 1945年4月25日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 1 7 [1]
21 フランク・セクストン 1945年5月2日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 1 35 [1]
22 スティーブ・ケイシー 1945年6月6日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 6 21 [1]
23 フランク・セクストン 1945年6月27日 ライブイベント マサチューセッツ州ボストン 2 1,791 [1]
24 ドン・イーグル 1950年5月23日 ライブイベント オハイオ州クリーブランド 1 3 [1]
25 ゴージャス・ジョージ 1950年5月26日 ライブイベント イリノイ州シカゴ 1 97 これは、アトラクションとしてのイーグルの価値を弱めるためにプロモーターのフレッド・コーラーによって調整された仕事の仕上げである。タイトルの移動は、当初バウザーや他のプロモーターによって無視されていた。 [1][9][10]
26 ドン・イーグル 1950年8月31日 ライブイベント オハイオ州コロンバス 2 この移動により、ジョージがイーグルをねじ込みで倒した後に争われ系統が再確立された。 [1][10]
停止 1952年11月 イーグルが背中の怪我のために活動していなかった1952年11月に空位に [1][6]

派生タイトル編集

AWA世界ヘビー級王座(シカゴ版)編集

No. Champion Championship change Reign statistics Notes
Date Event Location Reign Days
1 ドン・イーグル 1950年8月31日 ライブイベント オハイオ州クリーブランド 1 [11]
2 ルフィ・シルバースタイン 1951年5月2日 イリノイ州シカゴ 1 [11]
3 ビル・ミラー 1951年8月15日 イリノイ州シカゴ 1 [11]
3 ルフィ・シルバースタイン 1951年12月26日 イリノイ州シカゴ 2 [11]
4 バディ・ロジャース 1952年10月17日 イリノイ州シカゴ 1 [11]
停止 1952年10月17日 ロジャースはすでにオハイオ版AWAチャンピオンであり、彼の治世はその系統の下で続いた。 [11]

AWA世界ヘビー級王座(オハイオ版)編集

オハイオを拠点とするプロモーターのアル・ハフトは、1952年5月1日にドン・イーグルがビル・ミラーに敗れたことをタイトルの移動として認定した後、タイトルの派生バージョンを設立したが、移動はバウザーによっては認可されなかった。同王座は、保持していたバディ・ロジャースがタイトルを剥奪された1954年まで続いた[6]

No. Champion Championship change Reign statistics Notes
Date Event Location Reign Days
1 ドンイーグル 1950年8月31日 ライブイベント オハイオ州コロンバス 2 609 [1]
2 ビル・ミラー 1952年5月1日 ペンシルベニア州ピッツバーグ 1 124 [5]
3 ドン・アーノルド 1952年9月2日 オハイオ州デイトン 1 24 [12]
4 バディ・ロジャース 1952年10月14日 オハイオ州デイトン 1 [12]
5 ドン・アーノルド 1953年1月 2 [12]
6 バディ・ロジャース 1953年1月29日 オハイオ州クリーブランド 2 [12]
7 アントニオ・ロッカ 1953年3月3日 オハイオ州クリーブランド 1 [12]
8 バディ・ロジャース 1953年4月9日 オハイオ州クリーブランド 3 [12]
停止 1954年5月 ロジャースは、ルフィ・シルバースタインに対して選手権試合を守らなかったため、1954年にタイトルを剥奪。トーナメントは1954年5月に新しいチャンピオンを獲得する予定であったが、開催されなかった。 [12]

脚注編集

 

参考文献編集

 

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac American Wrestling Association World Heavyweight Title”. Pro-Wrestling Title Histories. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ a b Gus Sonnenberg Captures World Wrestling Championship From Strangler Lewis”. The Hartford Courant (1929年5月1日). 2009年6月12日閲覧。
  3. ^ Solomon, Brian (2015). Pro Wrestling FAQ: All That's Left to Know About the World's Most Entertaining Spectacle. Backbeat Books. ISBN 978-1617135996 
  4. ^ 1930年9月に全米ボクシング協会(NBA)のプロレス部門が、ナショナル・レスリング・アソシエーション(NWA)として独立する
  5. ^ a b Beekman, Scott (2006). Ringside: A History of Professional Wrestling in America. Praeger Publishing. pp. 62–63. ISBN 978-0275984014. https://archive.org/details/ringsidehistoryo00beek/page/62 
  6. ^ a b c Oliver, Greg; Johnson, Steven (2012). The Pro Wrestling Hall of Fame: Heroes & Icons. ECW Press. p. 1800. ISBN 978-1770410374 
  7. ^ Hoops, Brian (May 13, 2015). "On this day in pro wrestling history (May 13): Rick Martel wins AWA gold, Kurt Angle wins TNA title, Nash & Hall beat one man to win tag titles". Wrestling Observer Newsletter. Retrieved February 11, 2017.
  8. ^ Hoops, Brian (August 15, 2015). "On this day in pro wrestling history: IWGP Champ wins 1-G, Orton beats Benoit". Wrestling Observer Newsletter. Retrieved February 11, 2017.
  9. ^ F4W Staff (May 26, 2015). "On this day in pro wrestling history (May 26): Dick the Bruiser & Crusher beat Larry Hennig & Harley Race in a nine fall death match, Tiger Mask wins WWF Jr. Heavyweight gold". Wrestling Observer Newsletter. Retrieved February 11, 2017.
  10. ^ a b Laprade, Pat; Hebert, Bertland (2013). Mad Dogs, Midgets and Screw Jobs: The Untold Story of How Montreal Shaped the World of Wrestling. ECW Press. ISBN 1770410945.
  11. ^ a b c d e f AWA World Heavyweight Title (Illinois)”. www.wrestling-titles.com. 2021年4月10日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g AWA World Heavyweight Title (Ohio)”. www.wrestling-titles.com. 2021年4月10日閲覧。

外部リンク編集