Amnesia: The Dark Descent

Amnesia: The Dark Descent』(アムネジア: ザ ダーク ディセント、開発中の名称は Lux Tenebras もしくは Unknown)はサバイバルホラーアドベンチャーゲーム。開発はFrictional Games。同社はThe Penumbra seriesを開発したことでも有名。日本語化MODを入れることで、日本語でもプレイ可能。また、DLCに『Amnesia: Justine』がある。2013年9月10日に次作にあたる『Amnesia: A Machine for Pigs』が発売された。2020年10月には、『Amnesia: Rebirth』が発売された。

また、2018年10月には新たに『ハードモード』が追加された。[1]

  • オートセーブ無効
  • 正気度がゼロになると死亡
  • オイルと火口箱の数が減少
  • モンスターはより速く、プレイヤーを容易に見つけ、より多くのダメージを与え、長く居座る
  • モンスターが近くにいる時の音楽が無い

概要編集

Amnesiaは開発元のこれまでの作品群と同様の、一人称視点の探索型のアドベンチャーゲーム。Penumbraと同様に、このゲーム内ではオブジェクト間の物理的な相互作用がある。これによって、ドアを開けて装置を設置するなどの、物理法則を利用した先進的なパズルが実現されている。

Amnesiaではプレイヤーは武器を所持することができない。ブレネンブルク(Brennenburg)城を徘徊する恐ろしいモンスターに対して無防備な状態で対処しなければならない。そのため、プレイヤーは知恵を使ってうまくモンスターを回避したり、モンスターがプレイヤーに対する興味を失うまで隠れたりしなければならない。影の中に隠れるのも有効な手段である。

健康状態に加えて、プレイヤーには正気度が設定されている。暗闇の中に長く居過ぎる、恐ろしい出来事を目撃する、モンスターを長く見続ける、などの行動によってプレイヤーは徐々に正気を失っていく。正気を失うにつれて幻覚、幻聴が始まり、よりモンスターに発見されやすくなってしまう。火口箱を用いてロウソクや他の照明器具に火を灯したり、またはゲーム序盤で発見できるランタンを用いることで、プレイヤーは正気度の低下を防ぐことができる。しかし、火口箱の個数は限られており、ランタンもオイルを消費するうえに、一度オイルが切れると使用できなくなってしまう。そのためプレイヤーは、光の中と闇の中、それぞれで過ごす時間のバランスをとることが要求される。目的を達成したり、ストーリーが進行することで正気度は全快する(その際には画面が紫色に光る)。


ストーリー編集

本編編集

主人公はロンドンから来た若い男、ダニエル。 ブレネンブルク城の暗い広間で目覚めた彼は、過去の記憶を失っていた。思い出すことが出来るのは名前と、自分が何者かの影に追われていたという事実のみである。過去の自分からアレクサンダーを殺すよう指示された彼は、影や蒐集者の脅威を避けながらブレネンブルク城の最下層を目指し進んでいくことになる。

ゲームのストーリーは、少なくとも一部分は短編小説The Outsiderに影響を受けているようである。このことは同小説の著者ハワード・フィリップス・ラヴクラフト(HPL)と彼の著作に対して、ゲームの開発者たちが度々の敬意を表していることからも推測される。Frictional Gamesの開発した全てのタイトルに使用されている、HPLエンジン、HPL2エンジンにも、同著者のイニシャルが冠せられている。

『Justine』編集

主人公は、女性である。DLCから登場する女性の敵に襲われる。 独房で目覚め、蓄音機からはジャステンと名乗る女性の声がする。

登場キャラクター編集

ダニエル(Daniel)
声 - リチャード・トッピング
本編の主人公。1839年8月にロンドンのメイフェアから来た若い男性。ブレネンブルク城の暗いホールで目覚めるが、その時に覚えていたのは、自分の名前と住んでいる場所、そして自分が「影」によって追われているということだけだった。その後、記憶を無くす前のダニエルが自分自身に宛てたメモを読み、アレクサンダーを殺すために敢えて自分が記憶を消したことを知る。道中、突然のフラッシュバックや回想、メモや日記を通して、自分の過去について少しずつ思い出していく。
アグリッパ(Agrippa)
声 - ビル・コーケリー
身廊で、ダニエルが発見した。最初は、「助けてくれ。」「その開閉機を引いてくれ。」と言っていたが、ダニエルが開閉機を引いた直後、状況を話し始める。その中で、聖歌隊席と翼廊に、オーブの欠片が6つあることをダニエルに教えた。ダニエルに、強壮薬を作るように頼み、その後、頭部を切り離すように頼んだ。最終的には、城の崩壊により、研究室に入り、ダニエルが強壮薬を作れるようになったため、オーブの間で、開いたポータルに入ることに成功した。その後、ダニエルを助けた。
アレクサンダー(Alexander)
声 - サム・ア・モウリー
ダニエルが殺そうとしている年老いた城主。城の最下層の至聖所にいる。後半になるにつれ、ダニエルの記憶ではなく、リアルタイムでダニエルに話し掛けるようになる。
グラント(Grunt)
序盤から終盤までダニエルを追いかけ回す怪物。終盤、ダニエルが集めたオーブを内陣の奥の台座にはめるのを阻止するため、仲間と一緒にダニエルを攻撃し、独房に閉じ込めたが、最終的には取り逃がしてしまう。その後の消息は不明。
ブルート(Brute)
モルグ、下水道、聖歌隊をメインにダニエルを追いかけ回す怪物。終盤、ダニエルが内陣の歯車を壊した直後に襲いに来るが、取り逃がしてしまう。その後の消息は不明。

エンディング編集

全部で4つのエンディングがある。

1.アレクサンダーを倒し、ダニエルが城から脱出。

2.アグリッパをポータルに入れる。ダニエルはアグリッパによって助けられる。

3.オーブの間が謎の有機的組織によって侵食され、ダニエルが死ぬ。

4.怪物によって独房に閉じ込められた後、その場で留まっていると有機的組織が発生し、苦しむ声が聞こえ、ダニエルが死ぬ。

カスタムストーリー編集

Amnesiaではカスタムストーリーを作成することができる。ゲームロジックのための様々なツールが、スクリプト言語AngelScriptを使うことで利用できる。

MOD作品編集

Amnesia: White Night』という作品はストーリーなどが充実していて、好評価である。

開発編集

このゲームの開発は、Penumbra: Requiem がまだ開発中であるときに始まった。制作会社は両方のプロジェクトを同時に進めた。二つの開発中のタイトルはUnknownと Lux Tenebrasと呼ばれていた。2009年の11月13日に、現在のタイトルであるAmnesiaが、ウェブサイトとゲームトレイラーで発表された。2010年2月5日に全てのプラットフォームにおいての開発がアルファ段階に到達したと発表された。その2週間後に、実際のプレイムービーを含む新たなトレイラーが公開され、さらに先行予約も可能になった。またその時点で3種類全てのプラットフォームにおいてテスト中であり、それらはすべて2010年8月に同時発売されるということが明らかになった。このスケジュールは後に延期されて、2010年9月8日発売となった。2010年8月27日には、ゲームがリリース可能なバージョンに到達したことが発表された。9月3日、サポートされる三つのプラットフォームにおいて、ゲームの一部をプレイ可能なデモ版がリリースされた。正式版は2010年9月8日に無事に発売された。

もしも先行予約が2010年5月31日に2000本に到達した場合、Frictional Gamesは新たなゲームコンテンツを追加すると約束した。5月31日までの先行予約に割り引き価格が適用された後、上記の目標は5月の初旬に達成された。このディスカウントはHumble Indie Bundleの一部として成功するためのものだった。追加コンテンツは解説で、ValveがHalf-Life 2 seriesで始めたcommentary systemと同様の機能を持ったコメントセクションに叙述されている。

評価編集

Amnesia:The Dark Descentは全体として高評価を受けており、その不気味な雰囲気とホラー要素に対しては賞賛が送られている。Rock, Paper, Shotgunの John Walkerは「Amnesiaはプレイヤーを怖がらせることに関して、史上最も成功したゲームと言っていいだろう」とまで言っている。しかし、Frictional Gamesはゲームの初期セールスについてはいくらかの不安を見せている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 株式会社イード (2018年9月22日). “最恐ホラー『Amnesia: The Dark Descent』に「ハードモード」が近日登場!”. 4Gamer.net. 2018年10月20日閲覧。