BTM-3

BTM-3ロシア語: БТМ-3)は、1970年代に開発されソビエト軍が運用した、塹壕を掘るために開発された工兵車両の一種である。「BTM」は「快速輸送車」(Быстроходная траншейная машина)の略。

概要編集

装軌式の重砲兵トラクターであるAT-Tの荷台部分に円盤状の掘削機を搭載した車両で、走行するだけで幅約1m、深さ約1~1.5mの塹壕や灌漑用水路を掘ることが出来た。

通常の地面で1時間に1,000m、ツンドラの凍結した地面でも一時間に250mを掘ることが可能であった。後継車両にBTM-4M "トゥーンドラ"ロシア語版がある。

 
作業中のBTM-3


外部リンク編集