メインメニューを開く
12.7mmM2重機関銃を搭載したM153 CROWS II

CROWS(Common Remotely Operated Weapon Station)は、アメリカ合衆国で調達、運用されているRWS(Remote Weapon Station, 遠隔操作式銃塔)の呼称である。最初に配備されたM101 CROWSと、その後改良型として配備されたM153 CROWS IIの2種類のモデルがあるが、両者は全く別のメーカーの製品をアメリカ軍がそれぞれ制式採用したものであって、M153 CROWS IIはM101 CROWSの直接の後継機種という訳では無い。

概要編集

CROWSはアメリカ軍による要求仕様に基づいて調達、配備されたRWSである。5.56mmM249軽機関銃7.62mmM240汎用機関銃、12.7mmM2重機関銃Mk19 40mmグレネードランチャーを装備可能で、周囲360°の旋回能力、上方60°下方20°の仰俯角を持ち、ジャイロスタビライザーにより安定化されている。照準用光学機器として可視光用ビデオカメラ、赤外線暗視カメラ(サーマルサイト)レーザーレンジファインダーが搭載されており、弾道計算用のFCS(火器管制装置)を持つ。

 
マックスプロの車内でM153 CROWS IIを操作する米軍兵士。2012年、アフガニスタン。

2004年にイラク駐留アメリカ軍に配備が始まったM101 CROWSは、Recon Optical Inc製のRWSであるRAVEN R-400をアメリカ軍が制式化した物で、特殊部隊、憲兵隊、歩兵部隊、輸送部隊などに配備された。M101 CROWS(RAVEN R-400)は約560基がアメリカ軍に配備された[1]。2006年にはオーストラリア軍ブッシュマスターIMVへの搭載用に44基のR-400をオーストラリアが購入し、アメリカ以外の初のユーザーとなった。後にオランダ陸軍がオーストラリアからブッシュマスターIMVを緊急購入した際、R-400 RWSが装備された車両もオランダ軍に導入された[1]

2007年8月に調達契約が交わされたM153 CROWS IIは、ノルウェーコングスベルグ・ディフェンス&エアロスペース製のプロテクター RWSシリーズの機種であるM153 プロテクターをアメリカ軍が採用したもので、当初からM101 CROWSを大きく上回る約6,500基がアメリカ軍に導入された。2009年にはアメリカ軍の調達数が約10,000基強に増やされている[2]。M153 プロテクターの前身であるM151 プロテクターはアメリカ陸軍のストライカー装甲車の標準装備として配備されていたため、運用評価が進んでいたことや、保守部品の互換性などの優位性があったものと見られる。M153 CROWS IIはハンヴィーM1A2 SEP V2、各種MRAPマックスプロRG-31M-ATVバッファローMPCVなど)に幅広く搭載されている。

バリエーション編集

M101 CROWS
アメリカ合衆国のRecon Optical社によって開発されたRAVEN R-400をアメリカ軍が採用した物。重量約135kg(火器含まず)。
M153 CROWS II
ノルウェーのコングスベルグ・ディフェンス&エアロスペース社によって開発されたM153 プロテクターをアメリカ軍が採用した物。重量約172kg(火器含まず)[3]

運用国編集

  アメリカ合衆国

M101 CROWS 約560基。M153 CROWS II 約10,000基を導入。後者はハンヴィーMRAPへの搭載の他、M1A2 SEP V2の標準装備となった。

  オーストラリア

ブッシュマスターIMVにRAVEN R-400(M101 CROWS)を搭載。

  オランダ

オーストラリア軍からブッシュマスターIMVを直接緊急購入したため、R-400 RWS(M101 CROWS)もセットで導入された。

画像編集

脚注・出典編集

関連項目編集