メインメニューを開く

エルマー・ハロルド・ゾーグ

E.H.ゾーグから転送)

エルマー・ハロルド・ゾーグ(Elmer Harold Zaugg、1881年(明治14年)12月14日 - 1971年(昭和46年)2月6日)は、アメリカ合衆国出身の宣教師で、東北学院第3代理事長。

生涯編集

オハイオ州生まれ。シカゴ大学神学部で博士号を取得後来日し、東北学院ギリシャ語などの新約聖書関係の科目を教えた[1]。神学部長、高等学部長、さらにD.B.シュネーダーの後任の理事長(1936年6月~1940年10月)などの要職を歴任した。

しかし、1941年12月8日の太平洋戦争開戦によって「敵国人」として身柄を拘束され、他の宣教師たちとともに仙台市内のカトリック教会司教館に収容された。そして、翌年6月に日米交換船によってアメリカへ強制送還された[2]。戦後も日本に復帰したいとの願いはかなわず、引退先のカリフォルニア州オレンジ郡でこの世を去った。

東北学院校歌(原歌)編集

Fair Gakuin(作詞・作曲:E.H.ゾーグ)

1.
Where Hirose rippling flows
And the purple hagi grows,
There's a place that's all the world to me, to me
There my Alma Mater stands
And with open outstretched hands
A giving of her light to all men freely.
(※repeat)
Oh the Gakuin so fair,
Not another can compare.
She's the fairest of ten thousand to my soul.
So let's sing this merry lay,
And to her our homage pay,
And cheer her till the echoes round us roll.

2.
From the east and from the west
With their faces full of zest,
Come the eager youth of all the land. the land
Yes, they come to learn the way
How to work and how to play
And how for freedom and for right to stand.
(※repeat)

3.
Then wherever we may be
On the land or on the sea,
Ne'er shall we forget her glorious name, her name.
And to her we'll loyal be
While in fondest memory
We'll cherish and enhance her lasting fame.
(※repeat)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東北学院百年史編纂委員会 『東北学院百年史』 学校法人東北学院、1989年、650頁
  2. ^ 学校法人東北学院 『東北学院の歴史』 河北新報出版センター、2017年、90頁

関連項目編集

外部リンク編集