メインメニューを開く

ECLIPSEイクリプス)は、デンソーテン(旧・富士通テン)の車載用AV機器(カーナビゲーションカーオーディオ)、および家庭用音響機器(ホームオーディオ)のブランド名である。それまでの「Biyo(バイヨ)」シリーズに代わって1988年に登場。「他の追随を許さず、すべてを凌駕する凄まじい炎」をイメージしてイクリプスとネーミングされた。 他メーカーに先駆けてインダッシュタイプのオーディオ一体型ナビ(AVN)を開発、販売し、純正カーナビもOEM供給している。

AVNは、Audio,Visual,Navigationが一体型になっているだけではなく、トータルでのサービス提供を実現する「All in One」をコンセプトとしている製品である。また、「AVN」は日本・米国他10ヶ国において商標登録している。

歴史編集

  • 1955年 市販用カーラジオを製造開始。
  • 1956年 タクシー用無線機の製造開始。
  • 1959年 日本初のオールトランジスタカーラジオを発売開始。 
  • 1967年 日本初の8トラック方式カーステレオを発売。
  • 1980年 テンAVMシステム発売。
  • 1988年 米国市場向けにカーオーディオの新シリーズ「ECLIPSE」発売。
  • 1989年 世界初の車載用DSPサウンドプロセッサを開発、カーオーディオの新シリーズ「αシリーズ」発売。
  • 1991年 最高級カーオーディオ「Sound Monitor」を発売。
  • 1995年 国内市販市場向けにカーオーディオの新シリーズ「ECLIPSE」を発売。
  • 1997年 カーナビゲーションとオーディオビジュアルを2DINサイズに集約した「AVN」発売。
  • 2000年 「ECLIPSE」をアジアで発売。
  • 2001年 タイムドメイン理論を用いたホーム用卵型スピーカーとパワーアンプ「ECLIPSE TD」を発売。
  • 2002年 世界初、20GBハードディスクを2基搭載したカーナビゲーションシステムを発売。
  • 2004年 「AVN」を米国・中国にて「ECLIPSE」ブランドで発売。また、世界初のTV/GPS一体型フィルムアンテナを開発。
  • 2005年 世界初、「DUAL AVN」と「1DIN AVN」を発売。また、地上デジタルTVチューナとドライブレコーダーを発売。「AVN」を欧州にて「ECLIPSE」ブランドで発売開始。
  • 2006年 「AVN」をオーストラリアにて「ECLIPSE」ブランドで発売。
  • 2010年 市販ナビとしては初めてトヨタのG-BOOKのサービスの一つである地図更新サービス「マップオンデマンド」に対応、同日より対応ナビを発売開始。[1]

ラインアップ編集

カーナビゲーション編集

  • AVNシリーズ カーナビのオンダッシュ型は、両席エアバッグの展開を妨げると判断し、AV一体型にした。

カーオーディオ編集

  • Eシリーズ
  • Sound Monitorシリーズ

スピーカシステム編集

  • TDスピーカシリーズ
  • Sound Monitorスピーカシリーズ

ホームオーディオシステム編集

  • CDR1 - CDレシーバーユニットのみオンキヨー「CR-555」のOEMとなっている。数量限定商品。

その他編集

  • フロントアイカメラ(富士通ゼネラルのOEM)
  • バックアイカメラ(富士通ゼネラルのOEM)
  • ドライブレコーダー

関連項目編集

歴代ECLIPSEレディ編集

全日本ツーリングカー選手権(JTCC)時代
全日本GT選手権時代
  • 大谷めぐみ(1999年~2001年)
  • 藤堂ユカリ(2000年)
  • 若菜香里(2001年)
  • 青柳玲麻(2002年~2004年)
  • 日山亜由美(2002年~2003年)
  • 萩原美由紀(2004年)
  • 横須賀まりこ(2004年)
SUPER GT時代

脚注編集

外部リンク編集