Exim(いくしむ)はPhilip Hazelによって開発が始まったメール転送エージェント (MTA) の一種である。

exim
開発元 Exim Development Team
初版 1995年 (26年前) (1995)
最新版
4.94 / 2020年6月1日 (12か月前) (2020-06-01) [1]
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
C
対応OS クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 メール転送エージェント
ライセンス GPL
公式サイト www.exim.org
テンプレートを表示

概要編集

  • GPLによるフリーソフトウェアである。
  • PostfixSendmail同様、LinuxBSD等の多くのUnix系OSで動作する。
  • Debian GNU/Linux で標準のMTAとして採用されている。
  • Postfixやqmailとは違い、Sendmailのように1つのプログラムからなる。
  • 非常にきめ細かい設定をわかりやすく行える。様々なメールサーバーの色々な要求を満たすメールポリシーを柔軟に設定する事に、非常に向いている。
  • カナダのコンサルティング会社E-Soft Inc.が運営するSecuritySpace.comで、2017年4月1日に発表された内容によると、使用されているメールソフトを識別できる1,000,524台のサーバのうち、562,462台(56.22%)でEximが使用されている。[2]

脚注編集

  1. ^ Releases · Exim/exim · GitHub”. 2020年8月15日閲覧。
  2. ^ Mail (MX) Server Survey”. 2017年5月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集