Gumroad(ガムロード)はインターネットを利用した決済サービス。

Gumroad
URL gumroad.com
言語 英語、日本語
登録 全機能を使うには必要
開始 2012年2月

概要編集

画像などのコンテンツへのリンクを販売できる。事前審査などがない[1]ため販売者にとっては手軽である。決済手段はクレジットカードのみで、日本を含め190カ国に対応している。

決済手数料は$0.25+5%で、受け取りは月末にPayPalで行う。支払いクレジットカードはVISAマスターカードアメリカン・エキスプレスJCBダイナースクラブに対応している。利用できる通貨は、米ドル日本円ユーロ英ポンドである。商品の登録はウェブから手作業で行うほか、APIからも行える[2]

歴史編集

創業者はサヒール・ラヴィンギア(Sahil Lavingia)。2010年4月、画像共有サービスPinterestデザイナーであったラヴィンギアが「自分の作品をオンラインで売ろうと思ったとき、思った以上に手続きが煩雑だった」という経験から、コンテンツ販売のアイディアを思いついた[1]

2012年2月8日に110万ドルの資金をベンチャーキャピタルから調達[3]。メディアで報道され有名になった。2012年5月7日、さらに700万ドルを調達[4]。 日本からの利用者が多かったため、2012年2月16日に日本語対応した[5]

脚注編集

  1. ^ a b 目指すはiTunes越え? 「Gumroad」を生んだ19歳社長に聞く
  2. ^ Gumroad API
  3. ^ Pinterestの19歳のデザイナーが起業して110万ドルを調達-Gumroadはリンクから支払いができる画期的サービス
  4. ^ オンライン支払リンクを手軽に作ってくれるサービス、Gumroadが名門ベンチャーキャピタル、Kleiner Perkinsから700万ドル調達に成功
  5. ^ 話題のGumroadが日本語化「売買はリンク共有ぐらい簡単になるべき」 - INTERNET Watch

参考文献編集

外部リンク編集