Heterogeneous System Architecture

ヘテロジニアス・システム・アーキテクチャ英語: Heterogeneous System Architecture, HSA)は、共有メモリとタスクを使用して、同じバス上にCPUとグラフィックプロセッサを統合できるようにするベンダー間の仕様セット。

HSAは、(他の多くの中で)AMDとARMを含むHSA Foundationによって開発されている。プラットフォームの目標は、CPU、GPU、その他のコンピューティングデバイス間の通信遅延を削減し、プログラマーの観点からこれらのさまざまなデバイスの互換性を高めることである。プログラマーは、データの移動を計画するタスクから解放される。

CUDAOpenCL、および他のほとんどのかなり高度なプログラミング言語は、HSAを使用することで実行パフォーマンスを向上させることができる。デバイスのばらばらのメモリ間(現在OpenCLまたはCUDAで実行する必要があるように)。ヘテロジニアス・コンピューティングは、タブレット、スマートフォン、その他のモバイルデバイス、ビデオゲームコンソールなどのシステムオンチップデバイスで広く使用されている。プログラムはがHSAを使用した場合、個別のメモリやスケジューリングなしで、浮動小数点計算にグラフィックプロセッサを使用できる。

理論的根拠編集

HSAの背後にある理論的根拠は、計算をGPUにオフロードするときのプログラマーの負担を軽減することである。 元々はAMDによってのみ駆動され、FSAと呼ばれていたが、この理論は、他のメーカーのDSPなどのGPU以外の処理ユニットも含むように拡張された。