メインメニューを開く

IBM High Level Assembler (HLASM)は、IBMの高水準アセンブラー(アセンブリ言語)であり、メインフレームz/Architecture環境で稼働するz/OSz/VSEz/VMz/TPFなどのオペレーティングシステム用である。またz/Architecture環境用のLinux(z/Linuxとも呼ばれる)で稼働するバージョンも存在する。

IBM High Level Assembler(HLASM)
開発者 IBM
最新リリース 1.6
主な処理系 アセンブリ言語
プラットフォーム z/OS, z/VM, z/VSE, z/TPF, Linux
ライセンス プロプライエタリ(IPLA)
ウェブサイト IBM High Level Assembler and Toolkit Feature - Overview - United States
テンプレートを表示

概要編集

IBM HLASMでは、アセンブラー(アセンブリ言語)を、通常の高水準言語であるCOBOLFORTRANPL/Iなどの1機能(サブルーチン)として書く事ができる。いくつかの機能では、USINGs でラベルおよび依存でき、更に完全な相互情報参照にはユーザー定義機能を書くなど、マクロ言語の追加が可能である。最新版は2008年リリースの1.6(V1R6、リリース6)である。詳細はIBM Basic assembly languageも参照。

関連項目編集

外部リンク編集