メインメニューを開く

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』(アイ ラブ スヌーピー ザ ピーナッツ ムービー、The Peanuts Movie)はスヌーピー(『ピーナッツ』)の3DCG初の作品。アメリカ合衆国では、2015年11月6日日本では、2015年12月4日公開[3]

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE
The Peanuts Movie
The Peanuts Movie logo.svg
監督 スティーヴ・マルティノ
脚本 クレイグ・シュルツ
ブライアン・シュルツ
コーネリアス・ウリアーノ
音楽 クリストフ・ベック
製作会社 20世紀フォックス・アニメーション
ブルースカイ・スタジオ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年11月6日
日本の旗 2015年12月4日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 2億4620万ドル[1]
日本の旗 8億5420万円[2]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

少年チャーリーは相棒のスヌーピーと暮らしていた。ところが、ある日チャーリーの学校から転校生がやってきた。その赤毛の少女を見たチャーリーは彼女に夢中になってしまう。チャーリーは、スヌーピーの助けを得て彼女にアプローチを試みる。

キャスト編集

主題歌編集

  • 日本語版
    • エンディング曲:絢香「A Song For You」[4]

受賞編集

映画賞 結果
2016年 第21回放送映画批評家協会賞[5][6] アニメーション映画賞 ノミネート
第73回ゴールデングローブ賞[7] アニメ映画賞 ノミネート
第43回アニー賞[8] 作品賞 ノミネート
第27回アメリカ製作者組合賞[9] アニメーション映画部門 未決定
2016 キッズ・チョイス・アワード[10] お気に入りのアニメ映画 未決定

関連商品編集

オフィシャル本
  • メイキング本「映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』の世界」(小学館集英社プロダクション、2015年11月18日)[11]
    • 著者:ジェリー・シュミッツ、翻訳:富原まさ江

脚注編集

  1. ^ 「スヌーピー」の権利元が身売りか 中国企業が買い手候補に、Forbes JAPAN、2017年2月1日 18:30。
  2. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.43
  3. ^ a b c d e 映画『スヌーピー』吹き替えに鈴木福&芦田愛菜!豪華子役が集合!”. シネマトゥデイ (2015年8月10日). 2015年8月11日閲覧。
  4. ^ 絢香、映画スヌーピーに新曲提供「母親としての気持ちがリンク」”. ORICON STYLE (2015年11月10日). 2015年11月10日閲覧。
  5. ^ 放送映画批評家協会賞ノミネート発表 「マッドマックス」が最多13ノミネート”. 映画.com (2015年12月15日). 2015年12月16日閲覧。
  6. ^ 「マッドマックス」が放送映画批評家協会賞で最多9冠、トムハ&シャーリーズも受賞”. 映画ナタリー (2016年1月18日). 2016年1月18日閲覧。
  7. ^ ゴールデングローブ賞「キャロル」が最多ノミネート、坂本龍一は作曲賞候補に”. 映画ナタリー (2015年12月11日). 2015年12月11日閲覧。
  8. ^ 『思い出のマーニー』『バケモノの子』がアニー賞にノミネート!”. シネマトゥデイ (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。
  9. ^ 米製作者組合賞ノミネート発表”. 映画.com (2016年1月6日). 2016年1月8日閲覧。
  10. ^ 『アベンジャーズ』が最多5部門!2016年キッズ・チョイス・アワードノミネーション発表(2/2)”. シネマトゥデイ (2016年2月8日). 2016年2月8日閲覧。
  11. ^ 「I LOVE スヌーピー」、3Dアニメ制作の過程を追ったメイキング本発売”. 映画ナタリー (2015年10月23日). 2015年10月23日閲覧。

外部リンク編集