メインメニューを開く

アニー賞(アニーしょう、英語:Annie Award)は、1972年から始まった、国際アニメーション映画協会が主催するアニメ作品とそのスタッフに与えられる賞。「アニメのアカデミー賞」といわれる[1][2][3]

アニー賞
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 国際アニメーション映画協会
初回 1972年
公式サイト annieawards.org

以前は11月に開催されていたが、アカデミー賞にアニメ部門が新設されたため[要出典]、アカデミー賞直前の1月開催に変更された[いつ?]

歴史編集

1972年にアニメーション分野にも賞が必要だと考えたジューン・フォーレイの意見から設立された[4]。賞の名前はフォーレイの夫であるホバート・ドナヴァンがアニメーションに因んで「アニー賞」と呼ぶことを提案した。

2010年にドリームワークスウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオピクサー・アニメーション・スタジオの間で賞選考の投票資格を持つ会員構成に関するトラブルが発生し、2011年に行われた第38回アニー賞ではディズニー、ピクサーが本賞をボイコットした[5]

賞一覧編集

作品賞編集

部門賞編集

  • 視覚効果賞
  • テレビ作品キャラクター・アニメーション賞
  • 長編作品キャラクター・アニメーション賞
  • 実写作品キャラクター・アニメーション賞
  • ビデオゲーム・キャラクター・アニメーション賞
  • テレビ作品キャラクター・デザイン賞
  • 長編作品キャラクター・デザイン賞
  • テレビ作品監督賞
  • 長編作品監督賞
  • テレビ作品音楽賞
  • 長編作品音楽賞
  • テレビ作品美術賞
  • 長編作品美術賞
  • テレビ作品ストーリーボーディング賞
  • 長編作品ストーリーボーディング賞
  • テレビ作品声優賞
  • 長編作品声優賞
  • テレビ作品脚本賞
  • 長編作品脚本賞
  • テレビ作品編集賞
  • 長編作品編集賞

功労賞編集

日本人による受賞は川本喜八郎(1988)、手塚治虫(1989-1990)、宮崎駿(1998)、大友克洋(2013)、高畑勲(2015)、押井守(2016)の6人[6]。(#外部リンクに受賞映像)

長編作品賞受賞作品編集

長編インディペンデント作品賞受賞作品編集

各年の授賞式編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集

  1. ^ “『風立ちぬ』宮崎駿監督、アニー賞脚本賞を受賞!も…授賞式には誰も現れず”. シネマトゥデイ. (2014年2月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0060188 2017年10月18日閲覧。 
  2. ^ 「未来のミライ」がアニー賞に輝く 最優秀インディペンデント・アニメーション映画賞に”. アニメーションビジネス・ジャーナル (2019年2月3日). 2019年3月14日閲覧。