メインメニューを開く

Internet Systems Consortium(インターネットシステムズコンソーシアム)とは2004年1月に成立した、アメリカ内国歳入法第501条c3項に基づくNPO、その資産と人員はInternet Software Consortiumから引き継がれた。

ISCによって開発・維持されたソフトとしてはBIND、INN、DHCPサーバおよびクライアント、OpenRegなどといったソフトウェアがある。

ISCは13あるルートサーバのうちFサーバを管理し、いち早くエニーキャストによる分散化を行った。さらに多くのフリーソフトウェアとともにUsenetのnewgroupおよびrmgroupのコントロールメッセージのアーカイブをもまた管理している。

関連項目編集

外部リンク編集