J・G・A・ポーコック

ジョン・グレヴィル・アガード・ポーコック(John Greville Agard Pocock、1924年3月7日 - )は、イギリス出身の歴史家政治学者ケンブリッジ学派の一人。専門は共和主義の歴史、歴史叙述をめぐる政治思想史、思想史の方法論

1924年ロンドンに生まれる[1]。青少年期をニュージーランドで過ごし、カンタベリー大学にて修士号を取得[1]1948年ケンブリッジ大学に留学し、ハーバート・バターフィールドの下で研究を行い、1952年博士号取得[1]オタゴ大学講師、カンタベリー大学上級講師、セントルイス・ワシントン大学教授を経て、1974年からジョンズ・ホプキンス大学歴史学部教授。現在は同大学名誉教授[2]

著書編集

単著編集

  • The Ancient Constitution and the Feudal Law: A Study of English Historical Thought in the Seventeenth Century, (Cambridge University Press, 1957).
  • Politics, Language, and Time: Essays on Political Thought and History, (Atheneum, 1971).
  • The Machiavellian Moment: Florentine Political Thought and the Atlantic Republican Tradition, (Princeton University Press, 1975, 2nd ed., 2003).
『マキァヴェリアン・モーメント――フィレンツェの政治思想と大西洋圏の共和主義の伝統』(田中秀夫奥田敬森岡邦泰訳、名古屋大学出版会, 2008年)
  • Virtue, Commerce, and History: Essays on Political Thought and History, Chiefly in the Eighteenth Century, (Cambridge University Press, 1985).
『徳・商業・歴史』(田中秀夫訳、みすず書房, 1993年)
  • Barbarism and Religion, vol. 1: the Enlightenments of Edward Gibbon, 1737-1764, (Cambridge University Press, 1999).
『野蛮と宗教Ⅰ――エドワード・ギボンの啓蒙』(田中秀夫訳、名古屋大学出版会, 2021年)
  • Barbarism and Religion, vol. 2: Narratives of Civil Government, (Cambridge University Press, 1999).
  • Barbarism and Religion, vol. 3: the First Decline and Fall, (Cambridge University Press, 2003).
  • Barbarism and Religion, vol. 4: Barbarians, Savages and Empires, (Cambridge University Press, 2005).
  • The Discovery of Islands: Essays in British History, (Cambridge University Press, 2005).
『島々の発見――「新しいブリテン史」と政治思想』(犬塚元監訳、名古屋大学出版会、2013年)

編著編集

  • The Political Works of James Harrington, (Cambridge University Press, 1977).
  • Three British Revolutions, 1641, 1688, 1776, (Princeton University Press, 1980).
  • The Varieties of British Political Thought, 1500-1800, (Cambridge University Press, 1993).

共編著編集

  • Conceptual Change and the Constitution, co-edited with Terence Ball, (University Press of Kansas, 1988).

出典編集

  1. ^ a b c 末冨浩「ポーコックにおけるバーク」『イギリス哲学研究』第26巻、2003年、 56頁。
  2. ^ マキァヴェリアン・モーメント « 名古屋大学出版会”. 名古屋大学出版会 (2008年). 2020年10月9日閲覧。