JATユーゴスラビア航空機爆破事件

JATユーゴスラビア航空機爆破事件(JATこうくうきばくはじけん)とは1972年1月26日JATユーゴスラビア航空ダグラスDC-9-30旅客機が飛行中に爆破されたテロ事件である。

JATユーゴスラビア航空367便
Flight JAT367.png
事故機の飛行経路
爆破テロの概要
日付 1972年1月26日
概要 爆破テロ
乗客数 23
乗員数 5
負傷者数
(死者除く)
1
死者数 27
生存者数 1 (客室乗務員のヴェスナ・ヴロヴィッチ
機種 マクドネル・ダグラスDC-9-32
運用者 JATユーゴスラビア航空
機体記号 YU-AHT
出発地 スウェーデンの旗 ストックホルム・アーランダ空港
経由地 デンマークの旗コペンハーゲン空港
最終経由地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗ザグレブ国際空港
目的地 セルビアの旗ベオグラード空港
テンプレートを表示

この事件はクロアチア国家主義者が仕掛けた爆発物によって引き起こされたもので、爆発により機体は空中分解したが、乗員のひとりは奇跡的に救出された。

事件の概要編集

空中分解編集

 
同型機のDC-9
 
367便の残骸の分布

JATユーゴスラビア航空367便(ダグラスDC-9-30、登録記号YU-AHT)は、デンマークコペンハーゲンからユーゴスラビアザグレブ経由で最終目的地のベオグラードに至るルートを運航していた。

1972年1月26日午後5時ごろ(現地時間)にチェコスロヴァキア(現在チェコ共和国)のSrbska Kameniceの上空10,160 m (33,330 ft) を飛行中に、ユーゴスラビア当局によるクロアチアの国家主義者リーダーなどの国外追放に抗議する者によって仕掛けられた爆弾が炸裂し空中分解した。

生存者編集

同機には乗員6名と乗客22名が搭乗していたが、およそ10,000メートルの巡航高度から落下したために全員絶望と思われていた。しかし客室乗務員であった ヴェスナ・ヴロヴィッチ(当時22歳)だけが墜落の衝撃による身体各所の複雑骨折を負いながら奇跡的に救出された。

彼女は航空機の後部付近にいたが、機体が空中分解したあとは残骸に閉じ込められそれが木の葉が舞い降りるように落ち、山の斜面にある木々をすべるように着地したため生存可能な衝撃ですんだと思われる。さらに墜落から45分後に救助隊に発見され、即座に輸血を受けたことで出血多量による死を免れた。

彼女のこの奇跡はパラシュートなしで最も高い高度から落下して生還した記録としてギネスブックから認定された[1]。彼女はその後一時的に下半身が麻痺するなど長期の入院生活を余儀なくされたが後に回復した。その後も航空会社で事務職として働き続けたが、1990年に、スロボダン・ミロシェヴィッチを批判したため解雇された。2016年ベオグラードのアパートで死亡しているのが発見された[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ギネスワールドレコードのページ(英語)
  2. ^ “ベスナ・ブロビッチさん死去、旅客機爆破で奇跡的生還の元客室乗務員”. AFP BB NEWS. (2016年12月25日). http://www.afpbb.com/articles/-/3112380 

関連項目編集