メインメニューを開く

JULIE LABELジュリー・レーベル)は日本歌手沢田研二が設立したレーベル。近年の沢田研二作品の製作・販売を行っている。

目次

概要編集

当初は沢田(以下ジュリー)がナベプロから独立する前に所属していたポリドール内のプライベート・レーベルだった。そして後にナベプロから独立し、個人事務所「株式会社ココロ(CO-CóLO Corporation)」(実際はナベプロの資本が入っており、実質子会社である。同社社長もナベプロからの出向)を設立した1985年以降、インディーズレーベルとして東芝EMI(現・ユニバーサルミュージック合同会社/EMI Records Japanレーベル)で販売されていたアルバム及びジュリーの関連諸作品は全て、ジュリー側が予算を負担する形で製作されEMI側は供給、販売のみを行う契約となっていた。

この時点でジュリーは、「完全に自身の意図による」アルバムの製作をある程度まで実現していた。

その後2002年、長らく続けていたEMIとの契約を解消、ジュリーは作品の供給、販売をも自身の手で行う必要が生じ、設立されたのがこのJULIE LABELである。

所属アーティスト編集

作品編集

  • 別途「沢田研二の作品」のシングル・アルバムとも2002年以降の項目を参照。他にDVD等の映像作品も製造、販売している。

特徴編集

  • JULIE LABELで販売されているジュリー作品は、メジャーレーベル時代と比して以下のような特徴がある。
  1. パッケージがCD型とは限らない(何故か食べ物をイメージしたデザインが多い)
  2. シングルと同時リリース(c/wもアルバム収録曲が多くなった)
  3. ジュリーのFC、HPで通信販売が可能(ただしCDショップでの入手も可能)
  4. 新作を通販で購入の場合、CDショップより1週間ほどの先行販売が可能
  5. 価格がシングル、アルバムとも500円上昇
  6. 限定DVDなど通販限定のアイテムリリース

またこれに伴い1995年以降のセルフプロデュース作品も、EMIから版権を引き上げ同レーベルでの再発が行われた。

関連項目編集

外部リンク編集